2019年2月17日 (日曜日)

雪遊び

大阪では雪が降りません。滋賀や兵庫のスノーパークに連れて行こうと考えてはみるのですが、費用対効果に見合うかどうかわからないため保留にしてきました。今日はその実験もかねて、ひらかたパークのウィンターフェスティバルに行ってきました。
雪遊びができる貴重な場のため、会場はギュウギュウです。
Img_3549
スペースをみつけました。早速お砂場道具で雪だるま作りに入ります。
Img_3548
雪玉製造機を購入しました(税込1500円)。これで雪玉を量産できます。
Img_3552
そり遊びのできるエリア。スノーパークに行っていきなりスキーは大変なのでそりの練習ができたのは収穫です。
Img_3552_2
スノーパークというよりは、かき氷パークでしたが、楽しく遊べてよい経験ができました。時間が調整できれば、ぜひ本当の雪山で遊ばせたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月10日 (日曜日)

駅近・デパ近物件

今週の紹介は八尾市の光町公園。近鉄八尾駅前の公園です。
目の前にはアリオ八尾が見えます。
Img_3529
うんていをやった後にすべり台へ。これは普通のすべりだいです。
Img_3531
そして複合遊具へ。楽しみは後に残してじっくり楽しみます。
Img_3532
いろいろなところから上り下りできるのは満足度の高い複合遊具です。
Img_3534
この公園、公園としてはやや物足りないものの、目の前にアリオ八尾があるのが大きく、今の季節だと屋内と屋外の遊びを併用できるのが嬉しい特徴です。アリオ八尾には子ども用施設が充実しています。駅近でかつデパ近の立地をうまく活かして充実した日曜日を演出できる地域だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 3日 (日曜日)

大阪湾の魅力

今週の紹介は海遊館。遊具はありませんが、屋内で魚を見てスローサンデーを楽しみます。
入口でペンギンのお出迎え。
Img_0115
これは小さいサメかな?
Img_0119
水槽の上から覗き込むところもあります。
Img_0127
また、水面の上下を一緒に見ることのできる場所もあります。バラエティーに富んでいていいですね。
Img_0129
あっ、ジンベエザメ!
Img_0132
終わった後は隣の観覧車へ。USJなど大阪の湾岸地域を一望できます。
Img_0139
ここからもう少し海に近づいたところで大阪万博も開催されます。そうすると、大阪の湾岸地域はますますエンターテインメント性に富んだ魅力あふれる地域になっていきます。この先6年ほどでどんどん成長していくであろう地域をしっかり活用して楽しい日曜日を組み立てたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月27日 (日曜日)

京阪電車でGO!

最近毎週のようにひらかたパークに行っています。ひらかたパークの記事ばかりではつまらないため、そこに行くための京阪電車の楽しみ方を紹介します。
京阪電車にはいろいろな形があります。これはオーソドックスな1000系。
Img_3454
続いて2000系。この形が一番多いのですが、1000系と2000系は古い印象があるのか、うちの子はスルーして次の電車を待ちます。
Img_3482
特急電車に乗るときは3000系の時間に合わせることが多いです。京阪特急といえば赤色の8000系が有名ですが、うちの子は紺色の3000系がお気に入り。3000系にはプレミアムカーがないため、時刻表を見てプレミアムカーのない特急の時間に駅に行きます。
Img_3479
7000系は少しおしゃれな感じがします。快速急行は、枚方公園の帰りに途中で乗り換えて利用することがあります。
Img_3481
一番のお気に入りは13000系。最新型できれいでかっこいいです。しかし、本線ではあまり走っておらずこれにあたる確率は低いです。
Img_3478
こちらは、13000系の先頭から見た景色。京橋~守口市間では様々な電車を見ることができます。
Img_3500
とはいっても、ただ13000系が来るのを待っているだけではつまりません。そこで、枚方公園に行く途中で対角に13000系が来たら、寝屋川市駅で降りて構内のマクドナルドでおやつを食べて、折り返しの13000系を待ったり、ひらかたパークの観覧車から13000系を発見したらその電車が何時に淀屋橋方面にやってくるか調べて、その時間に帰るなどして「計算通り」に13000系に乗るのが我が家の最近のトレンドです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月20日 (日曜日)

線路脇の公園

今週紹介する公園は、調べましたが名前がないもよう。京阪電車の京橋~野江の間にあり、JR線にも隣接する公園です。
公園から見上げるとまもなく開通するおおさか東線の延長線上で試運転車が走っていました。
Img_3484
見たことのないかたちのジャングルジムでウォームアップします。
Img_3486
ブランコからはすぐ目の前に京阪電車を見ることができます。
Img_3487
登って降りてまた登る遊具。これも初見ですが落ち着いてこなせました。
Img_3488
駅近で複数の電車を眺めながら遊べるのが強みの良い公園です。無名にはもったいなく、是非有名になってほしい公園だと感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月13日 (日曜日)

やってみな2

今週の紹介はひらかたパークのやってミーナ。先月初級者コースを紹介しましたが、今回は上級者コースです。
まずは横にわたっていく遊具。これはできます。
Img_3408
続いては丸い輪をくぐったり登ったりして進む遊具。これはまだどう進めばよいかわからないようでした。
2e9d3df942af49a2b703d383d72d66cc
折り返しはレーザービーム。ビームはゴムなので痛くないですが、油断して簡単にすると足にひっかかって頭からこけるハメに。
Dd92fd0b67064810be196feea1738c17
最後は一番レベルの高いアスレチック。斜めの坂があり、見た目以上の難関コースですがこちらはするすると進んでいました。
32f3261e398a439492cb2f45106b4a8e
いろんな公園のいろんな遊具で遊ばせてきたのがベースになり、こうした応用遊具でもそのスキルが活かせているのかと思います。そう考えるとやはり様々な公園で様々な未知の遊具にふれさせていきたいと再認識させられました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 6日 (日曜日)

同じことの繰り返しよりも新しいチャレンジを

年末年始急に寒くなったので、今回は公園行脚は中止し、1年の振り返りを行いたいと思います。
もうすぐこのコーナーを開始して丸3年。約150の公園などを訪れ、紹介してきました。まだ多少はネタはあるのですが、これだけの公園に行くと、好きなところとそうでないところとに大きく分かれて来て、お気に入りの公園に何度も行きたがります。これは良い傾向でもありますが、よくない側面もあります。それは、同じ遊びばかりしては知識や経験の幅が広がらず、将来、難題に出会った際の対応力が磨かれません。そのため、私は毎週初めての公園に連れていっているのですが、それを嫌がる(お気に入りの公園ばかり行きたがる)ようになったため、このコーナーの継続が難しくなってきた1年でした。
とはいえ、目的は初めての公園に行くことではなく、初見の新しい課題にチャレンジすることなので、お気に入りの公園でも何らかの形で新しい遊びを提案して取り組ませていきたいと思います。
我が子の新年のおみくじは「大吉」。そして、その日の帰り道、京阪電車で帰ろうとする際、なんと予定の電車が故障により運転取りやめになり、その次に来た電車が、乗りたかったお気に入りの電車だったという幸運(?)に恵まれるなど、今年は幸先の良いスタートがきれました(昨年は新年早々、父子揃って風邪でダウンしました)。チャレンジ精神を忘れず良い1年にしたいと思います。
Img_3447

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月30日 (日曜日)

湾岸の公園?

今年最後の紹介は上田公園。阪神電車で武庫川からローカル線に乗り換えていきます。
まずは全体像。大きなアーチが目に付きます。
B7d624b0d3c3409badc283d683ddb1ea
まずは複合遊具。いろんなところから登れて降りられる遊具は重宝します。
1936e0cf64f1474eaa1a3f3ebc238d7e
こちらはケンケンパコース。ケン、ケン、パしながら進みます。
9489754606f94be3bbe1b2cee3650c18
続いて小さいアスレチック。ひょいひょいと登って進みました。
Img_2497
さらにすべり台。小さくてもすべり台は楽しい遊具です。
Img_2498
温暖化の影響なのか、12月はまだ外で遊ぶことができる気候です。年明けからは屋内施設中心になりそうですが、最後まで外で遊べて有意義な年越しができそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月23日 (日曜日)

競馬場の公園2

今日の紹介は阪神競馬場。京都競馬場に続いて競馬場公園です。
まずは大型遊具へ!高い塔がいくつかあってルートも豊富です。
7364b29b40bf4b938ccb6f4f499d4c20
ウォーミングアップに斜めステップ。まあこれはもう余裕。
C2e45aa2cea04f0d9857b47e78b2113b
レッツスパイダーウォーク。これは全く同じものはないのですが似たようなものはやったことがあるので簡単に行けるようになりました。
Aa51bf0e98604f82833201c97eece8c4
網の輪をくぐって登ると頂上。そこからすべりだいで一気に降ります。
Img_3424
続いて大型トランポリン。トランポリンは単純な器具のようで体全体を鍛えられるので、遊ぶのは大賛成です。
2b242b580d2740bab7f6bebc0fa49f02
すぐ隣ではミニトレインも走っています。
D865c66561ff4f2fa220d5901f3dc4df
最後は斜め床。ただの壁のようで助走をつけて登りきるのを目指す運動系遊具です。
7276d647ecf547d7a35387e4807eb6a4
京都競馬場に比べると、どうしても公園の遊具の質と量は寂しく感じます。が、京都競馬場は競馬開催日は子どもが多すぎて思うように遊べません。それに対し、阪神競馬場はこの日GⅠレースがありましたが、子どもエリアは悠々過ごせました。中身をとるか、利便性をとるかが、2つの競馬場公園を選ぶ鍵になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月16日 (日曜日)

まずはやってみな

今週は意外に初登場のひらかたパーク。その中でも、「ヤッテミーナ」というアスレチック施設の基本コースに限定して紹介します。
この「ヤッテミーナ」は、普通の公園では見かけることのない少し変わったアスレチックが15種目も並んでおり、よくわからないながら一生懸命考えて動く大変教育的な施設です。
Img_3394
まずは肩慣らし。ボタンを押しながらの階段。簡単ですが油断するとバランスを崩して転んでしまいます。
Img_3395
続いてクリフハンガー。足場が小さいので、慎重に進まないとすぐに滑り落ちてしまう意外に難しいアトラクションです・・が、子どもたちは滑り落ちるのをすべりだい遊びのように楽しんでいました。
Img_3397
これは崖あるき。足場も壁も斜めになっていて見た目以上にバランスの確保が難しい非常によくできた構築物でした。
Img_3398
2本の金属棒が交差しながら走っており、片方に乗ってもう片方につかまって進む遊具です。棒の乗換えが必要であり、これも見た目のシンプルさ以上にしっかり考えないと進めない難関です。
このほかにも、迷路や蜘蛛の巣に登る遊具など、工夫のこらされた遊具が15個もありました。さらにレベルの高いチャレンジコースもあるのですがその紹介はまた別の機会に。もちろん遊園地なのでジェットコースターや観覧車も乗るのですが、その合間にこうしたところで頭を使って体を動かせるのは大変貴重だと感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧