2020年7月12日 (日曜日)

確実に手に入れるためには原始的な方法もまた合理的

人気の商品を手に入れる方法にはいくつかあります。従来は前夜から店頭に並ぶ方法しかありませんでしたが(ドラクエなど)、最近はネット予約やネット抽選の方法もあります。ネットが活用できることにより、無駄に長時間並ぶ不自由はなくなりました。
今日、この話題を選んだのは、新しく近所にできた「こども本の森 中之島」入館予約をとるのに苦労したからです。初回の予約は入学式と重なって手続きができなかったため、予約開始前からスタンバイして万全を期しましたがなかなかネットがつながらず、今回もダメかもと肝を冷やしました(結果的に平日の放課後の時間帯の予約を確保できました)。ネット先着方式では並ぶ必要がない反面、偶然接続できた人が予約できるため、運次第となるのがネックです。以前、JRの特急列車乗り放題チケットをネットで予約しようとした際は、朝5時過ぎに起きて1時間近くネットと格闘した挙句、結局チケットを得ることはできなかったことがあり、店頭に並ぶよりも負担は少ないものの空振りのリスクは高まります。
ネット抽選方式で、毎週ニンテンドーストアで応募しているnintendo switchはいまだに当たらず、毎週金曜日に「落選のお知らせ」メールを受領するのが定番になってきました。
このように、ネット予約は楽ですが、確実性には欠けるため、早く並べば並ぶほど確実に目的を達成できる店頭に並ぶ方法もある意味合理的なのかと感じます。時代の流れから、この方法は今後ますます減少していくと思われますが、各方法のメリット・デメリットを考慮しながら少しでも確実性を高める工夫をこらしていきたいと思います。

| | コメント (0)

2020年7月 5日 (日曜日)

「自分で決める」ことの意識を

先週、強制してはいけない旨の記事を書きました。その通り、勉強も強制してはいけません。「早く済ませた方がよい」とは口を酸っぱくして言っていますが、無理強いはしないため、いつも夜寝る前に宿題等をやることとなり、日によっては眠い目を覚まさせて宿題をさせることもあり、これは強制ではないかと悔やむことがあります。
「宿題からは逃げられない」ことを教えることと、強制しないこととはやり方を間違えると矛盾してしまいますので、このやり方は親としても試行錯誤が必要だと感じます。ただ、「宿題からは逃げられない」ということを教えることができれば、それをいつやるか自分で決める方向に思考を導くことができると思います。「今は疲れているからよる宿題をする」のか、「眠くなってからすると辛いから早めにする」のか自分で決める意識を持つことができれば、自分で一番有利な時間を考えて宿題をするようになり、強制の心配はせずにすみます。
「宿題からは逃げられない」と伝えることが強制と受け止められがちな年齢のため、ここは注意を要しますが、そこをうまく回避して前向きな意識を育むべき大事な時期だと感じます。

| | コメント (0)

2020年6月28日 (日曜日)

強制は遺恨だけ残す大悪手

プロジェクトマネージャーは仕事として部下の尻を叩いて期限までに精度の高い仕事を完遂させなければなりません。そのため、しばしばパワハラ・モラハラと紙一重の言動で部下を追い込むことがあり、それが組織のための正義だと捉えられることがあります(個人的にこれを支持するわけではありません)。
家庭では未熟な子の成長のために、親は宿題や翌日の準備など様々なことを自ら行うよう指導します。この構造は、上記のマネージャーが部下を指示する場面に似ています。しかし、ここでは決して「強制」をしてはならない点で決定的に異なることは理解する必要があります。
たとえば、宿題をやりたくないという子の自由を束縛して親がむりやり宿題をさせても勉強と親をどんどん嫌いになるばかりです。ですので、この場合宿題を忘れて行かせて、先生に叱られたり、友達の前で恥をかくことで「宿題をきちんとやらないと」という気持ちに向かわせた方が将来的に自分で前向きに動いていくことができ有効です。
嫌なことばかりでなく、楽しいことをする際にも親の都合で強制してはいけません。先日、昼過ぎからプールに行きたいと言い出し、かつ、夕方のアニメにまでは帰ってきたいと息子が言いました。プールの料金も結構高いので、ちょっとだけ遊んですぐに帰るというのは非常にもったいないです。ですので、アニメはあきらめて長くプールで遊ぼうと提案しましたが、息子は断固聞き入れません。この場合、親の都合でプールに長くいさせる(=見たいアニメを見させない)と強制になり、楽しい時間とならないばかりか遺恨だけが残りかねません。ちょっとだけ遊ぶのはコストパフォーマンスが悪いということを教えて協議し、そこで納得されなければ希望通り短時間だけプールにいくべきなのでしょう。
仕事で他人を動かすテクニックに長けている人ほど、ついつい子に対してもテクニックで行動を強制してしまいがちですが、子どもというのは強制されたことに対して長く遺恨を持つことがあり、目先の宿題をさせるよりも、こうした負の気持ちを持たせないことの方がはるかに大事です。私もついついダイレクトに、やることをするよう指示しがちですが、決して強制はせず最後は自分で考えて自分で責任を持つことをもっと意識して子に接したいと思います。

| | コメント (0)

2020年6月21日 (日曜日)

父子共闘

最近の息子のマイブーム。ニンテンドー3DSのルイージマンション2です。本当は最新作のルイージマンション3をやりたいのですが、ニンテンドースイッチが入手できない(転売ヤーからは断固購入しません!)ため、将来手に入った時の準備のためにDSで旧作を遊んでいます。
Img_4285
この作品は言わばお化け屋敷からの脱出ゲームで、謎解きとお化けとのバトルを駆使して進んでいくゲームです。まず小学1年生には難しいソフトですが、本人がやる気を出しているので助っ人としてサポートしています。
謎解きは容易なものから、「こんなの普通わかるかよ!」と怒りたくなるような難解なものまでありますが、基本は息子に好きにやらせて、「わからない」と泣きついてきたときだけサポートする方針でやっています。このソフトの謎解き、一見、違和感のないところに見えない何かを探すというものもあり、大人にも難解な部分はありますが、子の成長のためと思い頑張ってついていっています。
バトルはほぼ息子が自分で処理できます。しかし、時々難しいボスが出てくるのでその際は私が手本を見せて戦略を教えています。
これは、要は企業なら、一人で全部できるマネージャーと未熟な新入りのセットで難しい案件に取り組ませて強制的に有望新人を伸ばせる手法と同じだと気付きました。ゲームは本当はマリオから初めてドラクエやって・・と、段階的に教えようと考えていましたが、こうして少し難しい課題に一緒に取り組むのも悪くないと感じました。

| | コメント (0)

2020年6月14日 (日曜日)

立体迷路2

今週の紹介は万博公園の立体迷路の小学生向けのコースです。こちらのコースの方が楽しく遊んでいました。
まずは坂登り。これは簡単簡単。
Img_3990
続いて巨大ボールプール。少し戸惑いましたがコツをつかむとすいすい進めました。
7ea59fb3bb674dce884e5da21e450ed8
忍者のように細い板を忍び足で歩いていきます。外の見晴らしもいいです。
Img_3991
綱渡りまでありました。スリリングで楽しめました。
C6433e80e3fd4e25bb3b7a811175a771
小さいころから公園の大型遊具で遊び慣れているため楽しく遊ぶことができました。迷路は大好きですので、今後も通うことになりそうです。

| | コメント (0)

2020年6月 7日 (日曜日)

新しいテーマパーク様式

枚方パークが再開したのでさっそく父子で行ってきました。密にならないよう入場制限ありで、入り口では検温もあり厳戒態勢での開園でした。
かつてみたことのない長蛇の列?と思いきや、並ぶ人の間に2メートルおきに赤いラインがひかれており、前後にソーシャルディスタンスを保とうという試み。列の長さのわりに早く乗り物に乗ることができました。
Img_4268
乗り物は交代の度に全消毒作業を行うため、この待ち時間が長かったですが、安全優先のためやむなしです。
Img_4279
人気アトラクションのぐるり森をはじめ、屋内アトラクションはまだ全部閉まっています。
Img_4277
絶叫急流下りは絶叫禁止で運営されています。正直、絶叫は不要なのでこの機に絶叫なしにしてしまえばよいと思います。
Img_4278
このように、従前に比べるといろいろ不自由や待ち時間の長期化など悩ましい問題はありますが、これが今後、テーマパークで安全に楽しむための新様式なのかと思います。早く慣れてしっかり楽しめるようにしたいと思います。

| | コメント (0)

2020年5月31日 (日曜日)

やればできる!

外出自粛の期間は、生活がかなり乱れていました。朝遅くに起き、勉強はとにかく後回しでゲームやテレビを楽しみ、夜に後がなくなってしぶしぶ勉強する生活です。
これでは小学校が始まると大変だと思い、先週から父子同じ時間にベッドにいくようにして、起床時間も朝7時にぱっちり起きられるようになりました。勉強に関しても、「いつやれ」とは指示しませんが、勉強が終わらなければゲーム禁止を伝えると、自発的に早め早めに勉強するようになりました。
何も言わなければ一番楽なやり方をするのは当たり前のことで、強制ではなくうまく、やるべきことをやるよう誘導していくことが大事なのだと感じます。まだまだいろいろ教えていかなければならないことが多いですが、伝え方を工夫してうまく強制せずに自発的にできるよう誘導していきたいと思います。

| | コメント (0)

2020年5月24日 (日曜日)

×最短距離 ○見通しの良い広い道

ようやく小学校に初登校しました。学校へは直線距離では近いのですが、通学路はあえて遠回りします。そこに深い意味があるのでした。
マンションから学校へ直線での道はあるのですが、通学路は真逆に出ていきます。警察署の前を通っていくコースで、はっきり安全なコースです。
さらに、渡る必要のない横断歩道を渡ってあえて遠回りします。その理由はそちらの方が歩道が広いからです。広い道の方が安全ですし、周囲からの見通しも良いです。
その後、大きな道路を1つわたるのですが、渡る横断歩道も、周辺の横断歩道の中で一番見通しのよい歩道を選んでいます。水曜日にはお巡りさんも立っていて安全です。そして、学校周辺には交代で保護者が誘導をしているのでここまでくるともう安心です。
最短距離でいけば5分かからない距離ですが、こうして10分以上かけて登校してます。しかし、このルートが、警察を始め周辺の目がよく届き、自動車や自転車からも最も安全なルート。よく考えられているルートで親としても安心です。

| | コメント (0)

2020年5月17日 (日曜日)

クロスワード始めました

本屋が再開したので、休校中の教材を探しに行きました。本当は漫画で理科や社会を学べるものを探したのですが、漫画でも文字の多いものは読まないだろうと思い、クロスワードなら楽しみながら語彙を増やせるだろうと、買ってきました。
小学校1,2年生用の本で、イラストも多く楽しそうな本です。
Img_4256
要はなぞなぞの答えを書いていく本です。序盤は簡単な問題ばかりですらすら進みました。
Img_4257
まだわからないなぞなぞにあたっていないため、すいすい進んでいますが、わからない問題にあたったとき、埋められるマスから埋めてその文字から考えるというやり方を身に着けてくれれば大きな収穫です。休校期間中の時間つぶしに良い教材をみつけたと思っています。

| | コメント (0)

2020年5月10日 (日曜日)

気分転換に寝床を変える

外出自粛で、家にずっといると気が滅入ってしまいます。そこで、我が家では気分転換に子の寝床をその日の気分で変えられるようにしています。我が家では、子どもが生まれる前はベッドで寝ていましたが、子ができた際、母子は布団で寝るようになり、私は仕事前日はぐっすり寝られるようベッドで一人で寝ています。これに加えて、小学校入学記念でリビングの一角を子ども部屋にし、ここに布団を敷いて寝ることもできます。
つまり、子にとっては、布団・ベッド・自分の部屋の3つの寝床があり、その日の気分で寝る場所を決められるのです。この自由度は単純なようで、意外に気分転換とストレス発散に効いているようです。
寝る時間も本来は決められた時間を遵守させたいのですが、学校再開日が決まるまではあまり締め付けすぎず、度を超えた時間にならない限り自由に、眠くなった時に寝ることを認めてリラックスさせています。
規則正しく、きちっと決められたことをすることはしっかり教えなければいけませんが、ストレスをためこませないことが今は優先。うまく工夫して気分転換できる方法を他にも模索していきたいと思います。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧