2020年9月27日 (日曜日)

最近のゲームは簡単

Nintendo switchが手に入ったため、今年の息子の誕生日はそのソフトばかりとなりました。そんなにたくさんソフトを持っていても大変だろう、と思っていたのですが、意外にも、すいすいクリアしていきます。YouTubeでお手本プレーを見ることができる点も昔とは違うのですが、基本的に最近のゲームは簡単にして、やりこみ要素を充実させることにより、ハードプレーヤーの関心も維持しているのだと思います。
私が小学校2~3年生ころやっていたスーパーマリオ2を最近やりましたが、大人でもこれは難しいです。しかし、最近のマリオはアイテムを取って飛んでしまえばクリアは簡単なコースが多く、スターコインをどう全部そろえるかが、難しいポイントとなっているものが多いです。
こうしてゲーム自体が平易化・単純化することで、小学生やそれ以下でも楽しくゲームで遊ぶことができ、少子化の中でも売上を維持できているのかと推察されます。ネットを通じた続編の提供サービスなどもあり、1つ1つを短く、簡単にし、人気を見ながら追加要素を加えていくというのは合理的なやり方です。
しかし、最近のドラクエのように、最初のクリアまでは簡単で、しかし、必ず「to be continued」で裏ステージにつながっていくようなやり方は、プレーする側としては、クリアに対する達成感を得ることが難しく釈然としない面もあります。平易化・単純化する方向性の中でも、要所要所にメリハリをしっかりつけてプレーヤーの達成感を維持させることが、これからのゲームの課題なのではないかと思います。

| | コメント (0)

2020年9月20日 (日曜日)

子ども図書館

今年開館した子ども図書館。息子は平日に学校が終わった後に何度か行っているのですが、今回は日曜に予約をとり、私がはじめて行ってきました。
本棚は上段にどんな本があるか陳列されており、目当ての本を下段から取り出して読むスタイル。子ども目線で作られています。
Img_4353
今のお気に入りはかいけつゾロリ。
Img_4355
3階から1階まで開放感あふれる作り。あちこちで読書が楽しめます。
Img_4359
壁に本の内容が映写される部屋。これも面白い作りです。
Img_4364
新型コロナ対策のため、今は完全予約制で、その予約もなかなかとれない状態が続いています。中之島の新しい人気スポットとして注目を集めそうです。

| | コメント (0)

2020年9月13日 (日曜日)

プールの楽しみ方

まだまだ暑い日が続くため、プールで遊ぶのが楽しい季節が続きます。今週は枚方パークに行き、ほぼ滞在時間すべてプールで遊んできました。普段行列ができる人気屋外アトラクションが空いていましたが暑いためスルー。そして、プールは大混雑。皆、考えることは同じです。
人が密ではあるものの、プールは感染拡大リスクは低いと言われています。水しぶきがコロナウィルスを空気中から水に取り込んでくれるからです。そのため、水辺で遊ぶぶんには危険は低いのですが、その周辺で注意すべき場所がいくつかあります。更衣室、プールサイドでの休憩、プールから出た後、です。
更衣室の密はプール関連のサイトではどこでも指摘されています。ただ、枚方パークのプールに関していえば、プールの利用者の多さとは裏腹に、更衣室は非常に空いていますし、更衣に利用できる台座を制限し、隣の人と近寄り過ぎないよう工夫されているため、それほど危険は高くありません。
次にプールサイド。枚方パークのプールは、2時間に10分ほど、全員プールからあげて排水溝等を点検する休憩タイムがあります。すなわち、この10分間は誰も水に入れず、プールサイドが非常に密になります。ここでの工夫がテント。ほとんどの人がプールサイドにマイテントを張ってそこに入り込むことによって、日射を避けるとともに、他人からの飛沫も回避していました。
最後にプール利用後ですが、外は暑いため、プール利用後はほとんどの人がマスクをしません。マスクなしで人の多いテーマパーク内を歩くことが危険なのは言うまでもありません。これは一人ひとりの意識ですので、しっかり自分はマスクをするという意識をもって回避するよりほかありません。
こうした点を意識できれば、混雑したプールでも楽しく遊べることが確認できた週末でした。

| | コメント (0)

2020年9月 6日 (日曜日)

Nintendo Switchようやくゲットしました。

ずっと探してきたNintendo Switchをようやくゲットできました。転売ヤーからは絶対買わないという方針を維持してネット上で情報収集を進めてきましたが、この夏休みに入り、4万円を超える売価の売り出しはほぼだれにも見向きもされておらず、3万4~5000円程度で売りに出ているものもありましたので、もうそろそろ通常購入できるかなと思っていたら手に入りました。
Img_4343-1
5~6月ころには「夏休みまでに供給不足を解消する」との報道があり、現時点でまだ供給不足状態は続いていますが、だいぶ問題は解消されてきたのかと思います。供給不足、すなわち買いたくても買えない人がいるのは、未だに転売目的で買い込んでいる人がいるからだと思いますが、ネット上の転売価格も値崩れし始め、苦労して転売しても1個2000円程度にしかならないのであれば、今後どんどん転売ヤーは減っていくと見込まれます。
まだ入手できていない人も、もう少し我慢すれば定価で購入できるチャンスが訪れます。転売ヤーに負けず、粘り強く探し続けてほしいと思います。
なお、ゲームを入手できたはいいものの、私は、年末に向けた試験準備や法律書の執筆活動等でまったく時間がなく、親子2人でゲームを楽しむ日はまだ少し先になりそうです。

| | コメント (0)

2020年8月30日 (日曜日)

利用者数の差は高い壁

この夏は近鉄特急の個室・半個室を活用して賢島に行ってきました。もちろん志摩スペインランドへ直行です。
乗り物エリアをぐるっと一周する列車。まずはこれでどんな乗り物があるかをチェックします。
Img_4302
続いては急流下りのライド。枚方パークのバッシュよりも平地を早く移動する点が快適です。
Img_4305
暑いので屋内施設へ。シューティングゲーム場はクーラーがきいています。
Img_4306
率直なランドの感想ですが、「ほぼ全部枚パーにあるやん」この一言です。ライドは枚パーよりも低いし、シューティングは景品がないし、ぐるり森もない、といった点をふまえると総合的な満足度は枚パー以下で、結構宣伝しているランドなのにこの程度?という印象です。
これは、入場者数、入場対象となるセグメントの大きさの違いによるものだと思います。枚方パークは夏休み中は、コロナ禍といえどもそこそこにぎわって並ぶアトラクションも多いですが、志摩スペインランドはほぼ並ぶアトラクションは皆無でした。利用者数が異なることから、施設の取り換えの頻度やクルーの人数に起因するサービス差にもつながってきます。これは、枚パーがTDLやUSJに絶対かなわない要素にもなるでしょう。
利用者数の差はその後絶対に覆せない壁になってしまいます。テーマパーク等は下手に地域活性目的で地方に建てるのではなく、都心部にまとまって空いた土地に建てるのがベストだと思います。

| | コメント (0)

2020年8月23日 (日曜日)

暑さと育児

こう暑いと、外で一緒に遊びたくても外出を躊躇う日々が続いています。私の過去のこの時期の記事を読み直していると、屋内の有料施設をよく紹介していますが、このご時世、屋内の人が集まる施設は危険ですので、「新しい様式」を導き出す必要があるのかと思います。
このポイントは「他人任せ」あるいは「その場対応」なのではないでしょうか。自分であらかじめ計画を立てて、そこに人が密集するならその計画は見直すべきです。コロナ警戒で電車や旅館が閑散としているのであれば、そうした施設を利用するのは問題ない反面、SNS等でどこが穴場だとかいう情報が拡散して人が集まるようであれば、その施設は使用すべきではありません。
結局、自分が良いと思える施設を複数持っておいて、周りの利用状況を把握して、自分に一番安全で有意義な施設を選択すべき、というのが今の時代のセオリーなのだと思います。暑さと育児の両立は大変ですが、そのカギは平素から多くの窓口を持ち、周囲の環境変化にうまく対応することだと思います。

| | コメント (0)

2020年8月16日 (日曜日)

自分でする

例年より遅い1学期が無事に終わりました。小学校デビューから約3か月ですが、日々いろいろと成長しているのを感じられます。
一番の成長は、自分でするという意識が強くなってきたこと。朝起きる、学校に行く、ランドセルの準備をする・・など、当初は親が横について誘導していましたが、今では自分で率先してできるようになりました。
ここから先は何でも、まずは自分でするよう意識を持たせていくことが大事なのだろうと思います。そのうえで、どうしても自分ではできないことや、より良い工夫を親が教えていくことで、成長が加速するのでしょう。
あまり教えすぎず、うまく、より高度なことにとり組んでいけるよう日々のスケジュールや接し方を丁寧に考えていきたいと思います。

| | コメント (0)

2020年8月 9日 (日曜日)

自発的に先取する条件

親が何も言わなくとも、息子は漢字をよく勉強します。「うんこドリル」でゲラゲラ笑いながらもうすぐ2年生の漢字もほぼマスターします。自発的にどんどん先の勉強をするのはとても良い傾向で感心しています。
しかし、公文の算数は壁にぶつかっています。3桁の足し算引き算で、ゆっくりやれば解ける問題ですが、作業の面倒くささから公文の算数をやるのは嫌がり、いつも最後に泣く泣くやっています。
この2つの差。両方とも壁にはぶつかっているのですが、その負担感が違うのだと思います。負担が軽く感じられると、それを上回る達成感のあることには自然と取り組めますが、負担が重く感じられると、「嫌なことをさせられている」という感じになり、まったくやる気が生じなくなってしまいがちです。
算数に負担を感じているのは、まだ一桁二桁の足し算・引き算をこなす力が足りていないことが原因と考えられるので、無理に3桁の計算を強制するのではなく、もう少し簡単な問題を早くこなせるようトレーニングを積ませて、3桁の計算に対する負担感を減らそうと思います。
自発的に意欲をもって勉強することは成長に不可欠のもの。その意欲を引き出すために、しっかりステップを踏んで、新しく取り組むことに負担を感じにくくなるようサポートしていきたいと思います。

| | コメント (0)

2020年8月 2日 (日曜日)

時間をかけて丁寧に

息子の勉強を見ていると、ひらがなをゆっくり丁寧に書くようしっかり指導されているのがわかります。文字に関しては「うんこドリル」も2年生用に入り、順調に漢字を覚えて、漢字で書ける京阪の駅名も増えてきましたが、こうした教材はどうしてもやらされ感でこなすため、短時間でさっと文字を書きがちで、字がきたなくなってしまいます。
しかし、学校などでこなすペーパーでは、「読めないことはないがきたない」ひらがなはしっかり×されています。丁寧に、読めるひらがなをしっかり書くよう指導されているのは大変ありがたいことです。
私自身、字がきたないことから、どうしてもきたない字には寛容でありすぎ、それよりも少しでも高度な内容を教えるよう心掛けがちですが、字をきれいに書く習慣は今身につけなければ今後得ることはどんどん難しくなってしまいます。
宿題などはついつい速く短時間でやることをよしとしてしまいがちですが、早くやることよりも、難しいことをやることよりも、簡単な内容を時間をかけて丁寧にこなすことをしっかり意識づけていきたいと思います。

| | コメント (0)

2020年7月26日 (日曜日)

休日の出かけ先

例年であれば夏休みに入り遊びに出かけるモードに入る季節ですが、今年はまだまだコロナ問題がおさまりません。休日くらいは子どもとでかけようと思うものの、どこへ行けるか考えるとなかなか悩ましいです。
暑いので、クーラーの効いている室内の遊び場がまず頭に浮かびますが、クーラーが最近の感染者増加の要因であると指摘されていたり、若者に感染者が増加している傾向から、あまり若者の多い室内施設には近づかない方がよさそうです。同様の理由でプールも当面は避けた方がよさそうです。
感染経路不明の人の感染経路の一部が通勤・通学途上だと推定されることから、電車もできることなら利用しない方がよさそうで、レンタカーで出かけられるところがよいでしょう。
こうしたことをふまえ、屋外で涼しいところとなると、「山」に絞られてきます。高原にある公園や森の中で昆虫探し、川で魚釣りなどであれば、他の人がいたとしてもソーシャルディスタンスを保ちながら快適に楽しむことができそうです。あまり山ばかりだと飽きてくるかもしれませんが、当面は自然の中で休日を楽しむスタイルでいこうかと思います。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧