2020年9月25日 (金曜日)

東京五輪は開催できる!

プロ野球やJリーグなど、プロスポーツの開催状況を見ていると、公式発表に嘘がなければ来年の東京五輪は開催できそうです。
プロ野球やリーグが観客制限をしてリーグを問題なく継続できているならば、五輪競技も観客制限をすれば開催は可能であるという理屈にたどり着きます。五輪で満員の観客を入れられないのは、主催者としては無念極まりないでしょうが、この状況下で精いっぱいできる工夫をアピールする場と考えれば、主催国としての収支はとれるでしょうし、主催国としてアピールすべきは、震災経験からのコロナ対策などいろいろあるため、日本のクリーンさを外国にアピールする場としての五輪は、工夫をこらして成功させられるように思います。
しかし、そのためには、海外のアスリートたちをどう受け入れるかがポイントになります。この点は、アスリートの希望に応じて、涼しい気希望なら北海道、暑い地希望なら沖縄、温暖な地希望なら本州の離島、などを集中キャンプ地に指定して、そこでの1~2週間の調整を参加条件とすれば、国民への感染リスクは精いっぱい引き下げられます。
「全世界を巻き込む」というのは難しいかもしれません。しかし、それなりに感染対策をしていて、1週間程度予備期間を設ければ、日本への感染拡大は相当程度回避できる、という国はかなりあるはずです。自国で感染対策を十分に行っていない国からの選手や観客はシャットアウトせざるをえませんが、ある程度の対策を講じて成果をあげている国からは、国内での取り扱い基準を明確にしてどんどん受け入れて「安全・日本」をアピールすべきと思います。
私の予測では、来年の五輪は、観客はほぼ日本人限定で、その時点でのプロ野球やJリーグ等の観客受け入れ割合に相当する割合で観客を受け入れて開催します。選手は、母国の感染対策レベルで順位付けされ、ランクの低い国からの参加者はそれだけでは拒絶されないものの、ランクに応じて国内指定施設での待期期間が異なる取り扱いはせざるを得ず、その取扱いが「差別禁止」の国際的風潮の中でどう対応するか、工夫すべき最大の課題となるのではないかと思います。
参加選手の国籍で、直前練習の内容に縛りをかけるのは、、おそらく主催者も望まない断腸の判断になるでしょうし海外からの観客をシャットアウトするのも、支援団体レベルでは大きな反発があるかとは思いますが、観客は日本人のみで人数制限し、アスリートは母国の感染状況毎にランク付けしてランクごとの対応を求める、という方針は避けられなさそうで、ここをクリアすれば東京五輪は開催できそう、というのが現時点での私の考えです


| | コメント (0)

2020年9月18日 (金曜日)

必要なのは再現力+?

暑い時期の連戦で、プロ野球もJリーグも有名な選手が調子を落としたり、試合によってパフォーマンスが大きく異なるケースが散見されます。プロスポーツ選手にまず求められるのは、シーズンを通した安定感ですが、今年はベテラン選手でも、体力に余裕のある選手でもこの点は苦労しているようです。
シーズンを通した安定感を出すために必要なのは、パフォーマンスの安定感です。良い調子の時にどのようなフォームで活動しているかを分析し、それを再現し続けられる選手が安定した成績を残します。とはいえ、自分だけ安定しているだけではトップレベルの選手にはなれず、チームスポーツでは周囲の動きに合わせる対応力が求められます。これらは試合の中で試行錯誤しながら得る部分もあるため、試合に出る環境が一番だという考えはスポーツ界には当てはまるのかと思います。
芸能分野の場合、スポーツ選手に比べて高い再現力が求められます。公演ごとに調子が違うのであれば、そのような公演自体が売り物になりません。歌にせよ、演技にせよ、まずは、安定して同じパフォーマンスを出し続けることが求められます。しかし、安定したパフォーマンスは裏返せば没個性。いくら歌がうまくても、それを再現しているだけでは、常に競合との争いを余儀なくされますし、客も飽きてしまいます。そこで必要となるのは、感性。新しく、皆が驚くような立派なパフォーマンスを創造して初めて芸能分野ではトップスターになれます。これは場数を踏めばよいというわけではなく、他人の芸や、異分野の良い物を積極的に学ぶ力が重要です。たとえば、絵がうまく連載依頼は獲得できるが、良いシナリオが書けない漫画家は、本格的にシナリオの勉強をしなければいくら連載を続けても課題は克服できません。逆に、シナリオだけに着目すれば、場数を踏んでいない中学生のネット小説が大ヒットすることも決して珍しくない世の中になっています。
スポーツは、相手あっての自らのパフォーマンスであって、感性よりも相手への対応力が求められますが、芸能は個として突出することが求められ、両者の要件は対照的です。
こう見ると、芸能界は多くの人が夢見ますが、努力で補えない大きな壁が立ちはだかっている過酷さがそなえているのがよくわかります。

| | コメント (0)

2020年9月11日 (金曜日)

中心選手以外の士気をいかに保つか

残暑厳しい時期ですが、プロ野球もJリーグも過酷な連戦が続いています。Jリーグは選手の移籍が緩やかに行われるため、例年であれば、上位リーグで試合に出られない若手選手がどんどん下位リーグにレンタルされて試合出場チャンスを得るのですが、今年は、日程が厳しく、選手層を厚く保つ必要性から、下位リーグで活躍する調子の良い選手を上位リーグが「借り漁る」のでは?と予想されていました。しかし、今のところそのような様子はなく、どのチームも現有戦力をうまく活用してこの厳しい時期を乗り越えているのでしょう。
プロ野球では70人の選手を登録できますが、その中で1軍の試合に出るのは半分強程度でしょう。半分弱の選手は、プロ野球選手の「本業」である1軍の試合には出られずに、当該目的のためのトレーニングで給料をもらっています。しかし、この「本業」の成果に直結しないトレーニングに力を入れることは非常に重要で、そのおかげで、中心選手が怪我や調子を落としても、チームとしてのパフォーマンスを損なわずに、お客を満足させることができます。それが、過密日程の今年はなお顕著で、試合に出ない中心選手以外の選手のモチベーションをうまく保ち、チームが困ったときに活躍できるよう準備ができていると、過密日程だからこそ、チームの成績に大きな貢献が可能となります。
企業も同じで、日常から、「昇進候補」と「それ以外」に選抜されてはいきますが、企業の成績の安定は、実は「それ以外」の層のモチベーションを高く保ち、必要な時に高いパフォーマンスが出せるように準備しておくこと。手法としては、敗者復活制度などいくつかありますが、昇進候補のできる人ばかりでなく、そうでない人にどう着目して活かそうとするかが、コロナ禍の今だからこそなお一層重要性が増しています。
スポーツに関しては、今年結果を出したチームは、若手や引退寸前のベテランなど、中心選手以外をうまく生かす組織部下や仕組みがしっかりしているといえそうです。そうすると、有望新人もそのようなチームに行きたがり、チームとしての差はますます広がる、自由社会というのはちょっとした差があっという間に大きな差につながるのだと驚かされます。

| | コメント (0)

2020年9月 4日 (金曜日)

芸能人のコロナ感染報道の是非の本当の論点は?

芸能人がコロナに感染した旨の報道について賛否がありますが、私は論点がずれていると感じます。
感染した芸能人が夜の街で遊んでいたというのであれば、少なくとも私的には弁護の余地はありません。しかし、通常の業務の中で感染したという前提で、それが批判されるべきことか否かが、ネット上では論点になっています。
しかし、論点はここではないはず。芸能人も仕事をして食べて行かなければいけませんが、芸能界こそ新しい様式に弾力的に変化していかなければいけない業界であることは、もはや言うまでもないことです。その環境下で、旧来の舞台演技を通じて感染したとか、宴会芸を披露する中で感染したとか、タニマチとの付き合いで夜の街で感染したとかいうのは、新しい様式に対応できていないということであり、この状況下での対応としては不十分であったと感じます。
withコロナの時代だからこそ、いかに顧客を筆頭とするステークホルダーとうまくソーシャルディスタンスを保ってつきあっていくかを考えていく必要があります。その試みを最初から放棄して答えが出たら検討する、というスタンスではおそらく芸能界という外部環境に大きく左右される環境では長くやっていけないでしょう。
この観点で、コロナに感染した芸能人に対する観点は、コロナに感染した事実ではなく、新しい様式に対応を試みたか、漫然と旧来のやり方を続けて他人と濃厚接触したか、という点にあると思います。旧来のやり方を維持するのは困難だとわかれば、できる限り早く新しい様式をみつけるべく尽力するのが生き残る最善策。コロナに感染した芸能人に非があるならば、どこかで旧来のやり方に固執して、新しい様式を模索しなかったことにあるのではないでしょうか。

| | コメント (0)

2020年8月28日 (金曜日)

並の案件で稼ぐ人、難解な案件で活躍する人

プロ野球では、投手のパフォーマンスにかなり大きなバラつきがあります。日本代表級の投手にベストパフォーマンスを出されると、ほとんどの打者は売れませんが、無名の投手が調子を落としている時期は滅多打ちになります。
プロ野球では打率や打点で打者を評価するのが基本ですが、調子の悪い投手から安打を稼いで、一線級の投手には全く歯が経たない打者は、打率や打点数ほどに評価してはならないことはいうまでもありません。
これは我々の普段の業務にも当てはまります。誰にでもできる平易な案件でしっかり目に見える結果を出してアピールする人、そうした平易な案件で時々失敗するけれども、難解な案件で代替不可能な働きを見せる人、はどこの業界でもいるでしょう。
実務で求められるのは間違いなく前者であるため、ほとんどの人はまずは前者、すなわち、平易な案件をきっちりこなせる人を目指します。難解な案件をこなせたとしても偶然かもしれませんし、偶然であれば計算しにくい人材は使いにくいというのは当然の考えです。
この考えは至極妥当で、どこの業界でも、まずは平易な案件でしっかりポイントを稼ぎ、そこに安住するのではなく、そこにプラスアルファで、難解な案件にもにもそれなりにやれるという印象を残すことがどこの組織でもマネジメント層に食い込む鍵なのでしょう。
組織の出世レースで出遅れた人はとかく一発逆転をねらいがちですが、まずはベースをしっかりアピールしたうえで、難しい案件にもしっかり取り組むというのが昇進を目指す基本的な考え方なのだと思います。

| | コメント (0)

2020年8月21日 (金曜日)

新しい楽しみ方を

高校野球を見ると、ベンチ入りできなかった球児が、定められたルールの中で精いっぱい新しい応援の在り方を模索しているのがよくわかります。会場にルールが設定されるのはしょうがないことなので、今後はそのルールの中でどう新しい応援や楽しみ方を模索するかが大事です。
コロナ発生当初から問題視されていたライブですが、会場には入場制限や行動制限を設けつつ、電話やネットを通じて自宅から会場とつながり、リアルタイムの音を受信し、声援やエール等を会場に発信するようなやり方が広まっていくのかと思います。
プロスポーツも、会場の制限は維持しつつ、共通マイクに声援を送るシステムが確立すれば満員の会場同然の声援を選手に送ることはできるでしょうし、3D視聴のシステムにより、自宅から、フィールド内にいるような体感で試合を楽しむことができる日も遠くないように思います。
このように、スポーツ・エンターテインメントは工夫によりむしろピンチをチャンスに変えられるチャンスがたくさんある分野だと思います。会場の要請に反して大声での声援や罵声を発するファンの対応に苦慮している暇はありません。多くの人が意見を出し合ってより高い水準の「新しい楽し方・応援の仕方」を積極的に模索すべきです。スポーツ・エンターテインメントを愛する人の力はまだまだこんなもんじゃないはず。旧来の楽しみ方にこだわる人を押しのけてどんどん魅力的な提案が次から次へと出てくることを期待してやみません。

| | コメント (0)

2020年8月14日 (金曜日)

エンターテインメントの新しい様式を!

ゲーム会社が軒並み好成績をあげています。コロナ禍の自粛モードの中で、人々がゲームをする時間が増えたのが大きな追い風だったと考えられます。このブログでも何度かライブ等の大箱エンターテインメントの今後の在り方を検討してきましたが、コロナの克服の可否に限らず、エンターテインメントの新しい在り方についてはすぐにでも議論し、用意のできた人から実践していくべきです。
大箱のライブや宴会でのピン芸人登場などは、個人的には世の中に不要な部類のエンターテインメントだと思うのですが、こうした余興が長く栄えた背景にはニーズの存在と、宣伝費をかけてでもリターンがしっかりある収益性の高さがあるのだと思います。
しかし、コロナ禍の状況ではライブは入場制限をかけざるを得ず、収益性は決して良い状態は維持できませんし、宴会も人数縮小の方向で進められ、余興は削減の方向で進められるでしょう。
こうした外部環境の変化に対して絶対に伸びるエンターテインメントの在り方があります。YouTubeを中心とした遠隔映像エンターテインメントです。エンターテインメントといっても、既に結果を知っているあるいは検索で知り得るスポーツは余興たり得ず、ただ歌手がネットを通じて歌うだけならCDを流せばよいだけで絶対に流行りません。芸人によるリアルタイム一発芸の生中継や、結末の読めない完成度の高いYouTube動画などが、今後宴会会場等でどんどん流されることになると思います。
このカタチは新規参入が多くすぐに激戦となると見込まれるため今から参入するのは得策ではありませんが、大事なことは旧来の「おいしい」やり方はあきらめて新しい様式に誰よりも早く着手することだと思います。エンターテインメントは生活の重要な要素ですが、飲食と違って、お金を出すに値する商品がなければ買わなくても済ませるものです。今、生き残るためにとても熾烈な業界の1つでしょう。生き残るためには、環境の変化を受け入れて新しいやり方をとにかく考える、その一言に尽きるでしょう

| | コメント (0)

2020年8月 7日 (金曜日)

空きスペースが余っているところがありますよ

コロナの感染状況をふまえると、スポーツも音楽等のイベントも会場に客をいっぱいに入れての開催は難しそうです。これは土地が少なく、賃料の高い日本では大きな制約になりそうです。
客を入れられないという制約を克服するのは困難そうですので、我々が工夫すべきは、客を入れられない余っているスペースを別の用途に活用することや、より広いスペースを確保することです。前者の例としては、たとえば大部屋の居酒屋を改装して、比較的ゆったりした広さの個室に変えることや、野球場で観客を入れない座席に太陽光パネルを設置するなどの工夫が考えられます。
後者は、賃料の高い状況では通常は考えにくいのですが、ちょっと待ってください。スペースが余っていて困っている地域があります。たとえばシャッター街の商店街です。シャッター街や借り手のつかない地方の住宅街を開発して人数対スペースの良い集客施設を設置し、都心の駅等からの交通を確保すれば、都心での設置と同じ程度のコストでより広くゆったりしたスペースを確保できます。
近時、都心に人が集まるのは生活の利便性が重視された結果で、スポーツ・エンターテインメントは人の多いところで開催するのがコストパフォーマンスが良いためこれも都心に集約されてきました。しかし、1人あたりのスペースが求められる傾向が今後も強まるのであれば、生活に直結しない機能は郊外で大きなスペースを確保し、その分空いた都心のスペースで飲食や日用品の販売施設を設置するのが合理的です。
個人的にスポーツ・エンターテインメントは好きな要素であるため、意図的に郊外にいくよう求める趣旨では決してありませんが、スペースの有効活用や補充が今後求められていくなら、シャッター街などの「人の回復を求める地域」が恰好の開発対象になると思います。

| | コメント (0)

2020年7月31日 (金曜日)

五輪開催のために、思い切って新しい様式の開拓を!

若年層を中心とした新型コロナ感染拡大は居酒屋など人の集まる施設でなされていると言われています。これが裏付けられるならスタジアムでのスポーツの試合も密室でのライブも当面観客を増やすことはできません。このこと自体が既に経済縮小につながりますが、来年に延期した五輪の不開催あるいは大幅縮小となると、これまでの投資を含め、非常に甚大な被害となってしまいます。
そこで、スポーツ・芸能イベントも新しい様式を開拓する必要がありますが、その開拓任務をローカルイベントに任せるのではなく、腹を決めて五輪が率先して観客の接触を最小限に抑える新しいスポーツ観戦スタイルに切り替えて準備すべきではないかと思います。このままずるずると感染拡大が増えてもアウト、諸外国で感染拡大が止まらなくてもアウトでは、現状予定しているやり方での五輪を開催できる可能性は大きくないと言わざるをえません。そうであれば一刻も早く新しい様式に切り替えて現実的な手法で確実な開催を目指すとともに、これを世界に発信することで、安心都市東京を訴求し、インバウンド回復につなげることが可能になります。
新しい様式はその研究にも、導入にもコストを要し、大規模団体が率先して行うことが望まれます。しかし、プロ野球等は現状の縮小観客での開催を維持するのが精いっぱいで、ライブも「満員にしない」現状の開催をさらに縮小するのは困難と考えられます。そうなると、思い切った決断ができるのは五輪レベルのイベントのみ。ここに至ってはあくまで予算上の利益を追求するのではなく、現状の環境下で最も得策は何か考え、その方向に切り替える決断が必要です。ピンチはチャンス。世界中の人が困っているこの状況で最善解は何かをビシッと示すことこそが、日本で五輪を開催する大きな意義だと思います。

| | コメント (0)

2020年7月24日 (金曜日)

有名になりたければ知名度アップは後回し

有名人になりたい、アイドルになりたいという人は山ほどいます。ルックスが決してトップレベルではなくとも、有名人・芸能人になる手段はあるのですが、こう考える人の多くは「早く有名になりたい」と考えるはっきりとした過ちを犯します。その結果、一時的に有名になったとしても決して賞賛されない側にはいってしまいがちです。
たとえばアイドル。比較的若い子のオーディションは、ルックスと演技力等で定型的に評価されますので、前者は生まれ持ったもの、後者は親が小さいころから意識づけをしていたかで決定的な差が生じる部分で、なかなか努力での逆転は容易ではありません。ですので、地道に美容と演技に励み力をつけてから応募すべきですが、若いころに有名になりたいと、無理に狭き門にねじ込もうとすると、性や金銭を搾取されるだけの被害者になりかねません。
もう1つ例を挙げるとYouTuber。YouTubeは誰でも一定水準に達するといくら頑張ってもアクセス数やチャンネル登録数が伸びなくなります。それは、魅力的なコンテンツの幅が狭いことが原因で、地道に面白いネタを集めて、幅を広げていかなければならないのですが、早く有名になりたいと考えると手法を誤り、炎上ネタに飛びつきがちです。
どちらも、一度業界から失敗者とみなされると、再起は困難です。本当に力があって正攻法で勝負できるなら簡単ですが、そうでないならば、将来有名になるために、近未来までは自力の底上げと自分の表現の幅の拡大に注力すべきです。
有名になって幸せになりたいのであれば、有名であり続けなければなりません。そのためには、魅力的な表現を継続する必要がありますが、表現のネタはだれしも限られていることから、ありきたりな内容を魅力的に表現する力が不可欠です。それをまずはじっくり身に着けてから表舞台に立つ方が世間は受け入れやすいですし、手続はスムーズです。
というわけで、有名になりたくば知名度アップは遅い方がよく、その間に徹底的にライバルと差別化できる程度に自分のスキルを磨いておくことが肝要です。

| | コメント (0)