2020年7月11日 (土曜日)

接待では飲み放題をつけてはいけない

お酒は楽しく飲んで、良い時間を共有することが1つの使い方ですが、1つ間違えると最悪の時間を共有してしまうことになるので注意が必要です。失敗の最大の要因は「飲みすぎ」でしょう。気をつければよいことですが、あまり気にしすぎると楽しい会話ができなくなってしまいます。そこで、接待など大事な宴席では、お店に酒量をコントロールしてもらう工夫が重要になります。
その工夫の1つが飲み放題にしないことです。お酒をよく飲む相手との宴席では飲み放題の方が割安なのですが、飲み放題だと間違いなくオーバーペースになってしまいますし、「一気」など悪ふざけのきっかけも作ってしまいがちです。これに対し、飲み放題をつけずに一杯ずつ注文する形式であれば精算の観点で歯止めがかかりますし、飲み放題に比べてお酒のサーブに時間がかかるため、ペースを落として飲むことができます。
お酒を注文して出てくるのが遅いと、一瞬、お店のサービスが悪いと不快に感じることがありますが、冷静に、落ち着いてペースを戻すためのお店によるストッパーだと考えることだと考えることができます。失敗できない宴席ではこうしたお店のストッパーをうまく活用して適量を気持ちよく飲むことが最善だと思います。

| | コメント (0)

2020年7月 4日 (土曜日)

深い眠りの条件

暑くなってきたので、毎晩炭酸水を2リットル飲んでいます。ただの水ではたくさんは飲めませんし、ジュースやお酒は飲みすぎると体に悪いので炭酸水を飲んでいるわけです。これが意外な効果につながっている気がします。
私の寝る部屋にはクーラーは設置していないのですが、このように水分をしっかり摂って寝るとぐっすり眠れます。睡眠中の渇きは覚醒を促すシグナルとなるのか、水分をあまりとらなかった日やお酒を多く飲んだ日と比べると睡眠の深さが全然違います。おかげで日中眠くなることもなく快適な1日を過ごすことができています。
深い眠りに関してもう1つエピソードを加えると、暑く朝も早いこの季節はどうしても早く目が覚めがちです。5時ころに目が覚めてどうするか悩んだ際、これは頑張って起きた方が体によさそうです。深い眠りを確保できていれば多少早起きしても体調に影響はありません。しかし、ここで中途半端にさらに1時間ほど眠ってしまうと、この眠りは浅いものであるためあまり体に良くなく、すっきり起きることができませんし、その後も体が起動するのも遅いです。
このように、この季節は暑さ対策を徹底して多少短くても深い眠りを確保することが大事です。夏本番になると私は扇風機を導入してさらに暑さ対策を行いますがそれ以外にもいろいろ工夫して深い眠りをがっちり確保しようと思います。

| | コメント (0)

2020年6月27日 (土曜日)

小さいことの積み重ね

体脂肪率5%前後を維持している私には、しばしばダイエットの相談があります。これは大きく2種類あり、「しんどくても頑張るから必ずやせる方法を知りたい」というものと、「楽に続けられる方法を知りたい」というものに分類されます。このコーナーで紹介している方法はもっぱら前者の方法ですが、今日は後者について触れてみたいと思います。
楽にやせる方法ははっきりしていて、しっかり歩くことです。歩くといってもいきなり30分歩くのは大変だと思いますので、ちょっとした徒歩を重ねることがポイントだと思います。
具体的な手法としては、1~2階程度の上下はエレベーターやエスカレーターを使わずに階段で上る、日用品の買物は複数のお店を回って一番安いところで買う、ランチは少し遠出して新しいお店を開拓する、昼休みの残り時間は外を歩いて近所に新しい発見を探してみる、などです。
5分程度の徒歩ならばしんどいとは感じないはずで、これを1時間に1回入れられると、半日で1時間歩いたことになります。1回1回の徒歩はそれだけでは大したカロリー消費にはならないかもしれませんが、それを積み重ねることで、消費カロリーが摂取カロリーを上回ることができれば、後は日が経過するごとに痩せていきます。「楽してやせる」方法とは、貪欲に小さな徒歩を日常生活にねじこんでいくことです。ただ歩くだけではつまらないので、出費削減や新しい発見の探求などを組み合わせて行うと、継続できるのではないかと思います。

| | コメント (0)

2020年6月20日 (土曜日)

梅雨時のダイエットの留意点

梅雨に入りました。この時期のダイエットは他の時期とは異なる留意点があると思います。
まず、熱中症対策のため水分をしっかり摂る必要があります。しかし、真夏のように食欲が減退する時期ではないため、真夏の前にしっかり食べて栄養を補充しておく必要があります。
運動面では、雨のため、屋外を歩いたりジョギングする機会が大きく減ってしまいます。その分、地下街を歩いたり、2階程度の上り下りは階段を利用するなど、屋内で歩けるところは意識して歩くことが重要です。
水分をたくさん摂って排出するので体重は乱降下しがちです。ですので、この時期は体重計の数値を気にする必要はなく、摂取カロリーが消費カロリーを大きく上回っていないかを感覚的に気にしておけば良いと思います。この後、夏に体重は落ちますので多少増えるくらい大丈夫というリラックスした意識で、「運動不足により太り過ぎない」ことが第一目標となるのがこの季節の特徴化と思います。

| | コメント (0)

2020年6月13日 (土曜日)

熱中症にご注意を!

コロナが流行りはじめたのはまだ寒い冬だったのにもう真夏で暑さとの付き合いかたが大事な季節になりました。私は昨年は5月まで朝ジョギングをして、6月からマンション内の階段上りに切り替えたのですが、梅雨に入るまでは外で活動しようと思い、今年はまだジョギングを続けています。しかし、朝でもとにかく暑く、帰宅してシャワーを浴びた後もまだ汗がダラダラ流れ続け今後どうするか考えます。
急に暑くなったので熱中症に注意が必要です。コロナ対策で不要不急の外出はできる限り控えている人は多いと思いますが、外出時には日差しのある道はできる限り避けたり、こまめに水分補給することを忘れないようにしたいところです。
熱中症対策として、外ではマスクを着用しないことが推奨されており、郵便屋等が外でのマスク不着用を実行しています。コロナ対策の流れに逆行しているようで抵抗のある方もいるかもしれませんが、大切なのは健康維持なので、人の少ない屋外ではマスクをしないよう心掛けることも必要でしょう。私がジョギング中にすれ違う人も、徒歩の方はほぼ全員マスクをしている反面、ジョガーはほぼ全員マスクをしなくなりました。この季節、マスクを着用してのジョギングは危険と判断してのことでしょう。マスクの着脱にも柔軟に対応しながら熱中症にうまく対策したいものです。

| | コメント (0)

2020年6月 6日 (土曜日)

焼酎薄めで楽しむ

私はお酒は飲みますが、あくまで食事がメインで食事に合わせてお酒を楽しみます。野菜にはワイン、揚げ物や焼肉にはビール・ハイボール、刺身や寿司には日本酒といった感じです。こうして食事にお酒をあてはめる中で焼酎がうまく食事とマッチングできず(日本酒とかぶり、どうしても日本酒を優先してしまう)、なかなか飲む機会がありませんでした。
しかし最近、焼酎を飲む機会が増えました。夜にちょっと酔いたい時に焼酎を薄めで飲むとほどよく酔えて次の日にも残らずうまくやりくりできると知ったからです。日本酒やワインやハイボールではアルコールがややきつく、寝る前に飲むと体によくなく、ウイスキーは薄めで割るとあまりお酒らしさがなくなり満足感が不足します。しかし、焼酎は薄めで割ってもお酒感が残るため、体への負担をへらしながらお酒を楽しむことができます。
食事に合わせてお酒をたくさん飲む、あるいは強いお酒を飲むことは1つの楽しみ方ですが、お酒は量や強さだけではなく、こうして薄めでまったり楽しむのもありでしょう。しばらく焼酎薄めで楽しんでいきたいと思います。

| | コメント (0)

2020年5月30日 (土曜日)

お茶で痩せよう!

外出自粛により太った人は多いです。その主な要因は、やることがなくて飲食でしか満たされない、という事情です。そこで、この問題点を、すり替えにより解決してみたいと思います。
アプローチとしては「暇な時間を減らす」「カロリーの低い飲食物に代える」という方向性が考えられますが、これからの季節、こまめな水分補給が大事になります。そこで注目したいのが「お茶」。定番のお茶だけでなく様々な種類のお茶をどんどん飲むことが有効なダイエットになると思います。
お茶は、ビールのようにあてがないとおいしくないものではなく、お茶だけで楽しむことができます。ニュース等を見ながらお茶を飲むことで、「満たされない時間」はある程度減らすことができるでしょう。そして、「様々な種類のお茶」を楽しむことにより、飽きずに続けることができます。カロリーの低いメニューは限られているため毎日同じものばかり食べると飽きてしまいますが、お茶は星の数ほどの種類があるため、飽きることなく、新しい発見を感じながら楽しむことができます。
そして、たくさん飲むことで水分補給になると同時に、空腹感を緩和して無駄にたくさん食べてしまうことを避けることもできます。
このように、ついつい飲食してしまうものを、お酒やそのあてに代えて、お茶にすることで、持続可能な低カロリー摂取活動が実現できおすすめです。

| | コメント (0)

2020年5月23日 (土曜日)

運動スタイルをどう変えるか

コロナでビジネスモデルの改良を余儀なくされる業界は少なくないですが、我々の日々の運動のやり方も変えていかなければならないように思います。
まず、最近ジムで運動する人が増えてきましたが、ジムは今後も感染リスクが高く、当面使用しにくい状況が続きます。これにより、店舗数は大きく減少し、街中で気楽に行ける施設ではなくなると予想されます。
ジムに行かずとも社会人の運動はジョギングで十分なのですが、ジョギングもいろいろ気をつけるべき点があります。先週から、公園等の人が増えてきましたので、公園等を走るにしても、人が少ない時間帯や道を選んで走るべきで、運動の機会は事実上かなり限定されます。
ジョギングがなぜ問題かというと、大きな呼吸がコロナウィルスを拡散するおそれがあるという点です。ですので、散歩ならリスクは低く、ダイエット目的であればジョギングよりも散歩の方が脂肪燃焼が多くなり得策です。
以上をまとめると、今後の運動スタイルは、ジムで短時間でまとまった運動をすることから、時間をかけてのんびり街中を歩く散歩型に変化していくと考えられ、強度の運動や短時間での運動を希望する人は鉄棒や鉄アレイ等を購入して自宅で運動するケースが増えるのではないかと思います。私はこの両方を取り入れて健康維持に努めています。人との接点と大きな呼吸をできる限り減らす必要性が今後も続く以上、こうした変化はやむなしと考えられます。

| | コメント (0)

2020年5月16日 (土曜日)

ストレスよりもたまったものを先に出そう

緊急事態宣言はGW後も継続されましたが、世間では解除されたと同様に日常生活を送る人が増えてきました。0か10かという判断には異論がありますが、経済を正常に徐々に戻していくということには賛成です。
さて、正常な生活に戻る際に、外出自粛のストレスを発散したいと考える人は多いと思います。そのストレス発散が、カラオケなど、自粛期間中にできなかったことであれば、業界の回復支援にもなり一石二鳥ですが、知人と飲み会三昧、というのは違うのではないでしょうか。
外出自粛中、ほとんどの方がストレスをため、家飲み等で体脂肪をためこんだ人も多いと思います。ストレス発散は大事ですが、自粛期間中に溜め込んだものをさらに溜め込むと後で取り返しがつかなくなります。
GW後から開くようになった大型書店のレジには長蛇の列ができ、多くの方が3冊以上の本を購入していました。GW期間中、書店があいておらずせっかくの読書の機会を失ったことへの後悔もあり、買える時にしっかり本を買ってこれから先の自粛期間に備えようという考えだと思います。このように、これまでの自粛期間中できなかったことを積極的に行ってキャッチアップするという意識が非常に重要で、飲食やゲーム、テレビ等、これまでさんざんやってきたことはスケジュールから積極的に除外すべきです。
これから先すべきは、溜め込んだ脂肪を落としながら、これまで制限されていた活動を行いながら、時間を取り戻し、ストレスを解消することです。グループの成り行きでダラダラと無駄な時間を過ごすことなく、しっかりと自分のスケジュールを構築することが非常に大事になってくるでしょう。

| | コメント (0)

2020年5月 9日 (土曜日)

趣味を増やす

外出自粛で家にいる時間が長いとどうしてもダラダラしがちで、その結果、「ついついお酒を飲みすぎる」「ずっとYouTubeを見ている」「ゲームばかりしている」といった人も多いのではないかと思います。当然、これらは健康には良くなく改善すべきですが、時間を持て余すためどう改善すべきかわからないという人も多いでしょう。
せっかくの機会ですので、ここは趣味を増やす試みが有効だと思います。それも、できれば家族全員で楽しめる共通の趣味であればなおよいでしょう。その趣味を、できる限り、飲食やテレビから遠いところで探すことができれば、有意義に時間を使うことができるでしょう。
簡単な例を挙げると、読書。大型書店は営業自粛しているところも多いですが、オンラインで本を購入することはできますので、この機会に普段読まないような本を読んで教養の幅を広げると、飲酒やゲームよりもはるかに有意義な時間となります。
ネットで決済して、自宅で家族全員で同じ映画を見て感想を言い合うのも良いでしょう。こうした屋内の趣味をみつけ、1日のスケジュールの中に埋め込んでしまうことで、自然と体が飲食物やテレビに向かう機会を減らすことができます。
ダラダラした1日を過ごして後で後悔するとただでさえ自粛疲れの体によくありません。自宅で楽しめることをしっかり探して、それを優先的にスケジュールに組み込んでいくことが、この外出自粛期間を乗り切る重要なカギだと思います。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧