2020年4月 4日 (土曜日)

ケーキはたまに食べるからおいしい

ダイエットにはよくないとわかっていてもついつい食べてしまうものは誰にでもあると思います。ビール、ケーキ、ラーメン・・・ラーメンのようにボリュームのあるものはともかく、ビールやケーキはうっかりするとついたくさん摂りすぎてしまい、後で後悔しがちです。
そんなとき、効用曲線を意識するとよいと思います。
2d6f73a0876750c177565df736292691
ビールがよく例に挙げられますが、1杯目のビールは非常においしく、杯を重ねるごとに満足度は小さくなっていきます。飲み放題でなく1杯を同じ金額で買って飲むのであれば、どこかで価格>価値となり、そこで飲み止めしないと損してしまうわけです。ケーキの場合、一度にたくさん食べるというよりは頻度の問題かと思います。ケーキを食べる頻度の高い人は、高くなるほど満足度が落ちていきます。ですので、少し頻度を低くしてたまに食べるようにすると、おいしく食べられます。
このように、ダイエットによくないものは、ダイエットの観点からなかなか自制がきかない場合、費用対効果をしっかり意識して「おいしい」と満足できることを重視すると摂取を減らせるのではないでしょうか。食欲は理屈ではないかもしれませんが、理屈で自制できる部分は工夫してみる価値があると思います。

| | コメント (0)

2020年3月28日 (土曜日)

感染予防をドラクエ風に考える

新型コロナの感染拡大の兆候に対して、一人ひとりが警戒心をしっかり持つよう啓蒙されています。しかし、先週の連休は各地で日本人観光者が多く、平日夜も繁華街はにぎわいをとりもどしつつあります。しかし、これが実は危険で、多少の犠牲を払ってでも回避すべきことを、ドラクエ風に考えてみたいと思います。
Dokunoiki
新型コロナ罹患者は、無意識的継続的に「毒の息」を吐いています。これは効くときと効かないときとがありますが、今回の新型コロナについては「毒消し草」がないため、毒をくらってしまうと致命傷になりかねません。ですので、「毒の息」はできる限り高い確率で回避しなければなりません。*例えとしてドラクエのモンスターの技を引用していますが、決して感染者を蔑視する意図はございません。もし不快に感じられましてもご容赦いただければ幸いです。
Photo_20200327085101
外出時には、旧ドラクエ式の対面交渉ばかりではなく、フィールドの中で自分のポジションをとって役割を果たすドラクエ10方式で活動していくことになります。ですので、「毒の息を高い確率で回避する方法」のファーストチョイスは、相手と距離をとることです。現実には誰がコロナウィルスを持っているかわからない、多かれ少なかれ皆持っている可能性があるため、要は他人とは距離をおいて、仮に「毒の息」が放出されても回避できるように態勢を整えることが何より大事です。
その次に、戦闘(=生活に必要な活動)以外の場面で毒の息を吸ってしまわないよう、不必要な外出、不必要に不特定多数の人がいる場に長居しない、毒の息が蔓延しやすい洞窟(=換気の良くない密室等)に行かないことが大事になります。
ですので、日々の活動は必要な戦闘(=生活に必要な活動)を、他人と距離をとって主に魔法(=テレワークなどの遠隔手段)で行うべきで、これを怠り、一度毒をくらってしまうと、後から回復不能となってしまうことをしっかり肝に銘じるべきです。
こう考えると、魔法重視の戦闘は経験値を稼ぐ効率が悪い(=あまり儲からない)とか、打撃で敵を倒す快感がない(=自粛ばかりで楽しみがない)という不満はあるでしょうが、これを我慢しなければ全滅の危険のある場面では誰もが我慢できるはずです。
終わりの見えない戦いですが、できる限り早く終わらせなければ社会全体でも個人レベルでもどんどん損失は大きくなります。いましばらく社会全体で我慢を通し、早く収束を迎えてもらいたいものです。

| | コメント (0)

2020年3月21日 (土曜日)

技術料

体重はクリスマス前の状態に戻ったため、食事の肉の量を増やして筋肉増加に取り組み始めました。少しでも多く食べようといろんな肉を比較しながら献立を考えるのですが、同じ肉なのに単価が異なるものがあります。
はっきりしている例は、同じ豚肉の塊からスライスしたものでも、ステーキ用の厚切り肉は単価が安く、しゃぶしゃぶ用の薄いスライス肉は高いです。これは薄く切る方がおそらく特殊な機械を使用し、盛り付け等にも技術を要するためでしょう。つまり、同じ肉であっても、加工のための機械の費用や人件費が上乗せされているものがあるわけです。
確かに、魚を釣ってきて綺麗にさばいたり、刺身にするのはなかなか難しく、これをできる人に技術料を支払うというのは当然のことです。ですが、同じ金額でできる限りたくさん食べたいというのもまた当然の気持ち。私はどうしても食べたいとき以外は、肉も魚も塊を安く買ってきて豪快に焼いて食べるようにしています。
刺身やしゃぶしゃぶ肉など、薄くスライスする技術は素晴らしく、そうした技術を有する人に、きちんと価格に反映されて報酬が支払われていることはよいと思います。私は何を食べるかよりも、どれだけ食べるかの方が大事なので、あまり利用しませんが、肉にしても魚にしても、このように同じものなのに単価が違うということはしばしばあうため、よく見て何を食べるか考えるべきだと思います。

| | コメント (0)

2020年3月14日 (土曜日)

ジムが悪いのではなく

スポーツジムで感染が起きたことで、ジムが悪者扱いされている報道をしばしば見かけますが私はこれに疑問を感じます。
新型コロナは「感染したが自覚症状がまだ出ていない人の一部」が公共施設等で二次感染を産んでいくことで広まるとされています。ですので、悪いのはジムではなく、こうした感染者がジムを利用することであり、これはジムだけでなく、図書館でも喫茶店でも電車やバスでも起こり得ます。自覚症状のない感染者も、発熱しているが外出せざるをえない人も、外に出てくることは仕方がなく、我々は、集団感染が報道されたジムやクラブばかりでなく、外のあらゆる場で他人との濃厚接触回避に努めなければいけません。
ジムで感染が起きたからといって、ジムを閉鎖せよというのは筋違いで、一人ひとりが、外のあらゆる場で感染リスクがあることを認識して、利用を控えたり、利用時間を短縮する等の工夫をすべきです。
健康は自ら守るべきもの。今まさにこの自覚と工夫が求められているように思います。不自由ですが、外出や他人との接触を最小化するスケジューリングを今しばらく心掛けたいと思います。

| | コメント (0)

2020年3月 7日 (土曜日)

暖かい場所で大人しく

新型コロナの混乱が長引いています。このブログも新型コロナの話ばかりになっていますが、今日は健康をテーマにまたこの話題をとりあげたいと思います。
イベント中止、学校閉鎖すべて新型コロナの早期収束を狙ったものです。今我々がすべきは新型コロナの罹患者を増やさないために最善の対応をすることです。新型コロナウィルスは、誰もが体内に保有していると思われます。今特に症状のない人でも症状が出る水準まで多くないため、発症していないと考えておいた方がよいでしょう。当然、外の空気を吸えば体内にウィルスを取り込むおそれがあります。そのおそれをできる限り減らしてこれ以上患者を増やさないようにする取り組みが必要です。
仕事や買い物など、外出は必要ですが、回数や時間を減らし、できる限り暖かい場所で安静にすることで、ウィルスの増加を防ぐべきです。不便で、損失も発生しますが、放置するとさらに大きな損失が発生するおそれがあるため、早めに対処した方がよいということであり、一人だけやっても仕方がないものの、一人ひとりが取り組むことで、社会全体に効果があるというものです。
地震が起きた後、地震を恨んでも仕方ありません。前向きに最善を尽くすのみです。同様に、新型コロナを恨んでも仕方がありません。楽しい新年度を迎えるためにも、今月はしっかり体を守り、コロナの収束を期待しましょう。

| | コメント (0)

2020年2月15日 (土曜日)

週末の楽しみ

私の週末の楽しみは、腹いっぱい食べてお酒も飲めることです。腹いっぱい食べると普通は太りますがそこは工夫しています。寒いこの時期にとてもおいしい鍋の中身の工夫です。
Img_4197
火にかけた時の鍋の様子。見る限りすがすがしい緑色。中身は8割葉野菜、残る2割はお肉と人参などの根野菜です。しめじなどの茸類やこんにゃく類やちくわなどの練り物やなどは一切入れません。あくまで糖類の少ない葉野菜をがっつり食べることで栄養を摂り、カロリーは摂らず、満足感を取る方針です。最後に麺やご飯を入れたくならないよう野菜をとことん入れるのがカギです。
Img_4199
完成状態。これを一人で食べます。ビールはもちろん、糖質・プリン体0%。低調味料ダイエットなので鍋のだしに追加調味料は入れませんし、ポン酢なども使わず鍋の中身をそのまま食べます。これが本当に週末の楽しみで、木曜日あたりから鍋を思い浮かべて1週間のラストスパートをしています。
ダイエットの敵の1つは空腹感ですが、こうして糖質の少ない葉野菜をがっつり食べるのも1策。満足感を得つつ、翌日太っていない最高のディナーです。

| | コメント (0)

2020年2月 8日 (土曜日)

胃腸を正常に

マラソンに挑む人はとにかく胃腸を大事にしています。走っているときにちょっとした胃腸の不調で走れなくなたったりペースを乱したりしてしまうからです。これはランナーに限らず、我々の日常生活にも当てはまるように思います。
たとえば仕事をする際、胃腸の調子が悪いとあまりはかどらず非常に効率が悪くなります。人付き合いでも胃腸の調子が悪いとイライラして円滑にすすめられないでしょう。何をするにも胃腸をしっかり整えて臨むべきです。
胃腸を正常に保つためには生ものと刺激物の摂取を避けることが大事です。私は生ものはあまり食べませんが、カフェインはやや摂りすぎで、辛い物大好きで、お酒も飲むときにはかなり飲むため、胃腸が荒れる日はかなり荒れます。お酒を飲むのは仕事前日でない日のみなので、胃腸が荒れるのは土日だけにとどまっていますが、もう少し金曜や土曜の食生活は考え直さなければならないと感じています。
もちろん、カフェインやアルコール、激辛食品などをまったく摂らないのがよいというわけではないと思います。うまく量を調節して内臓の調子を維持し、整えることが大事で、今年はダイエットのみならずこの観点にも気をつけて献立を考えていきたいと思います。

| | コメント (0)

2020年2月 1日 (土曜日)

理想の野菜ジュース

先月、それまで飲んでいた野菜ジュースの味が変わり甘くなったので代替品を探すという記事を書きましたがようやく代わりをみつけました。
Img_4190
味も良く、チビ缶は50円、ペットボトルは250円と価格的にも普通であるため、これがベストと判断しました。従前の野菜ジュースは酒屋の宅配があったのですが、このジュースは宅配がないため逐一スーパーなどで買って帰らなければならないのですが、その不便だけ我慢すれば、従前よりも良いチョイスになったと思います。
もちろん、野菜ジュースを飲んだからと言って栄養がしっかりとれていると思ってはいけず、3食の中でしっかり野菜を食べていくのですが、朝に野菜ジュースを飲む習慣は決して悪くないはずで、毎日しっかり飲んでいきたいと思います。

| | コメント (0)

2020年1月25日 (土曜日)

断食という毒薬

ダイエットが話題になるとき必ず「断食すれば体重は減らせる」という人がいます。私は断食はやったことがありませんが、おそらく間違いないのでしょう。しかし、断食で仮に体重を3キロ落とせたとして、そのすべてが脂肪と水分というわけにはいかず、筋肉、下手をすれば骨まで減少してしまうかもしれません。そうすると、健康には悪影響ですし、代謝は悪くなり以降脂肪を落としにくい体になってしまいます。
つまり、断食は減量という結果につながるものの、決して体にプラスになるものではない、いわば毒薬といってもいいものかもしれません。
断食に限らず、急激な減量は多かれ少なかれ体によくない行為だと考えられます。私も先週の記事で、正月明け最初に1週間で3キロ超やせたという話をしましたが、私の標準体重よりもまだ重いにも関わらず、筋力は衰えたなと感じます。急激に痩せるのではなく、やはり1日30グラムずつこまめに落としていくことがベストだと再認識しました。
見せかけの体重の数値よりも健康のほうがはるかに大事です。健康を重視したうえで減量もするには、やはり時間をかけてじっくりやるしかないのでしょう。

| | コメント (0)

2020年1月18日 (土曜日)

我慢するのは一緒

先週、ダイエットはスタートダッシュしてはいけないと書いたばかりなのですが、今週1週間で私は約4キロ減量しました。
先週の朝計ったときは確かに72キロを超えていてダイエットしなければと痛感し、例年通りにできることからダイエット活動を始めたところ、今朝の測量では68.3キロまで落ちていたのです。本来の体にリバウンドしたと考えることもできるのですが、それにしても出来すぎで、ここで油断しないよう気をつけたいと思います。
この1週間辛かったのは、夕食を終えてまだ空腹感が残っているにもかかわらず何も食べられない時間帯です。これだけ成果があがるのであれば、ちょっとつまみ食いしても大丈夫だったのかもしれませんが、最初からそのような意識ではダイエットは成功しないでしょう。空腹感を感じている状態で少し食べてもおそらく空腹感は残ります。そこでダラダラと食べ続けるのは論外ですが、最初から我慢するのもちょっと食べて我慢するのも負担は同じくらいのはずです。それならば最初から我慢したほうがよいに決まっています。
この季節、朝起きるのもしんどいですが、これも似たような感じで、すぐ起きるのと、もう15分寝てから起きるのとでは大して負担は変わらないはずです。それならばえいや!で早起きして読書でもすると有意義に時間を活用できます。
このように、最初から我慢するのも、ちょっと譲歩して我慢しても結局負担はあまり変わらないのです。そうであれば、最初から我慢するのが得!と思い込んで一番ストイックな道を選ぶのが、ダイエットにしても、何か難しい目標を目指すにせよ、大事な心がけだと思います。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧