2006年2月19日 (日曜日)

面白い芸人とは?

今日はテレビでR-1ぐらんぷりを見ました・・・が、途中で寝てしましました。

私と同名の陣内や、すれ違いコントのアンジャッシュなど、技巧系の芸人が好きなのですが、そうも最近はなかなかいい新人が出てこないように思います。

一昨年末から昨年上半期にかけては、空前の若手芸人ブームでしたが、自虐・絶叫・ツッコミ・ブチ切れ、とその組み合わせという全てのパターンが出尽くしたせいか、斬新なネタを披露する芸人が見あたらなくなりました。

単発でウケるギャグは出ても、せいぜい数ヶ月で、安定して活躍する芸人はだいぶ少なくなったように思います。

R-1は短期決戦で、その当時どれだけ面白いかを争う勝負なので、単発のギャグで勝ち抜ける可能性がありますが、それではなかなかお笑い界の底上げにはつながっていないように感じます。

R-1の批評を読む限り、事務所の力で勝ち抜いているベテランより、一発ネタで勝ち抜く新人に対する応援が多いですが、今後のお笑い界が発展するか衰退するかは、一発屋よりも、ある程度安定して活躍できる芸人がどれだけ踏ん張れるかどうかだと、私は思います。

ここで、安定して活躍できるかどうかは、やはり、安定した話術と、世の中の様々な事情についての観察眼を有しているかどうかだと思います。

斬新なギャグやアクションでその場限りの存在感しか示せない芸人は一発屋に終わるでしょうし、そもそもその程度の人ならどこの職場や学校にもいるでしょうから、その程度の価値しかないかもしれません。

私の職業でも、安定して活躍できるかどうかは、その場しのぎの反論に終始する者ではなく、安定した話術と、事件(その背景にある「常識」を含む)に対する正確な観察眼を有しているかどうかだと思い、そういう点で共通項を感じています。

あとは、「天然」で憎めない人物であることも、大事な要素かもしれません。

私の事務所で先日、こんなことがありました。

恋愛関係についての深刻な悩みを抱えて相談に訪れた光(ひかり)さんという女性に対して、「ひかるさん、ひかるさん」と終始名前を呼び間違えて相談を受けたT弁護士。

私が、どのタイミングでT弁護士に依頼者の名前を認識させようと考えていましたら、顧問先のK田さんからの電話を内線で取り次いだM職員から、「A社のKガワさんからお電話ですけど・・・わかりました、相談中で後で折り返しお電話するとKガワさんにお伝えしておきます」と連絡を受けました。

依頼者の名前を間違うことは大変失礼なことですが、TさんもMさんも、持ち前の憎めなさで、全く大きな問題としなかったことに感嘆するとともに、何ら事前に意図することなく、天然かつ絶妙のタイミングでボケのハーモニーを生み出した彼らにはお笑いコンビとしての資質もあるのではないかと、考えてしまいました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)