« KPIを見失った組織は信頼を失う | トップページ | 東京五輪は開催できる! »

2020年9月24日 (木曜日)

自分の価値観は周囲の情報をふまえて修正し続ける

日本ではコロナ拡大が落ち着いてきている反面で、インドなどでは拡大ペースがどんどん拡大しています。この差の要因はいろいろありますが、1つ大きな要因として国民の秩序や倫理性があると思います。
日本は震災時の様子が世界で注目される通り、世界では自分が生き残れるかどうかの瀬戸際の局面でも冷静に、秩序を守って行動できます。今回のコロナ対応でも、外出自粛時のゴタゴタはあったものの、おおむね秩序を維持して対応して今の拡大ペースに至っています。
これに対し、ブラジルやインドなど感染拡大を封じ込められない国家は、国家元首自身がコロナ対策をあきらめています。これは、国民性から封じ込めが無理だと悟っているからです。
この観点で見ると、日本人に生まれて良かったと思えますが、これは単にどこの国に生まれたかの優劣をつける話ではありません。最近は考え方のダイバーシティも主張され、昔ながらの倫理観や価値観を若い世代に押し付けることはあまり見かけません。「行儀よく真面目なんて糞くらえ」という価値観も貴重な多様化の中の一部で、そのような価値観を持っているだけで不当に扱われたり叱られたりするケースは減りました。
しかし、これは周囲が「行儀よく真面目なんて糞くらえ」という価値観を推奨しているわけではありません。「こうした価値観はやがて損する、ということを、震災やコロナ拡大の様子から学ぶべきだ、さもなくば、一人負けするよ!」という周囲の示唆が含まれています。価値観は多様でOK、皮膚の色や信条(価値観)だけで誰かを評価しないけれども、将来はっきり存する価値観を持ち続ける人間はただの愚かもので、価値観は周囲の情報を収集したうえで、賢く形成していかなければならないのは、人として当然の摂理で、ほとんどの人が周囲を見るときに持っている物差しです。
価値観というのは持つだけでは他人に評価されませんが、適切に持たなければ他人に低く評価されかねません。自分がどうしたいかだけではなく、社会の中でどう賢く生き抜くかという視点が、国際目線では絶対に欠かせないポイントなのだと思います。

|

« KPIを見失った組織は信頼を失う | トップページ | 東京五輪は開催できる! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« KPIを見失った組織は信頼を失う | トップページ | 東京五輪は開催できる! »