« 子ども図書館 | トップページ | 時間を過不足なく用意せよ »

2020年9月21日 (月曜日)

面倒くさがらずにクイズ集を作ろう

私は東大文Ⅰに入学しながら、受験中は最後まで世界史が苦手でした。教科書はボロボロになるまで読み込んでいます。しかし、ただ教科書を読むだけではなかなか世界史の点数は伸びません。このような時は、教科書を徹底的に分解して、クイズ集にしてしまうのが有効な勉強法です。
すなわち、教科書に書いてある内容の一部を抜粋し、「〇年に●が行った政策は?」といったクイズを大量に作って、覚えていく勉強法です。これにより、教科書に書いてある断片的な情報は頭に格段に入りやすくなります。
しかし、こうした勉強法は、一問一答方式のテストには有効だが、論文式試験など、応用問題には対応できないという指摘もあります。それはそうなのですが、土台として単発の知識がないと論文問題も解答しようがありません。そして、単発の知識をたくさん備えることにより、それらの関連性を意識して思い起こすことで、1つ1つの知識がつながり、論文式試験にも対応できるようになります。
高校の世界史の教科書を読んで、その内容をしっかりイメージして理解できる人などほんの一握りです。ですので、教科書の内容を小さく分解し、小さい単位で自分のものにして、それらを組み立てて教科書内容に復元する勉強法が有効で、これはその後、大学以降の難しい学問や資格試験に取り組む際にも有効な勉強法です。
長い長い文章を分解して、クイズ集にするのは大変な作業ですが、これをするからこそ、次のステップに早く進める反面、横着してただ教科書をそのまま読み返すだけではいつまでたっても次のステップに進めません。そのようなわけで、難しい書籍の内容を学ぶためにはその内容を細分化したクイズ集の作成が有効で、さらにいえば、そのような勉強をしているマメな友人のクイズ集をコピーさせてもらえるとなお一層効率的な勉強が可能となるでしょう。

|

« 子ども図書館 | トップページ | 時間を過不足なく用意せよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 子ども図書館 | トップページ | 時間を過不足なく用意せよ »