« 大枠をおさえておけば | トップページ | 組織のスタンダードは最初から目指さない方が良い »

2020年9月 8日 (火曜日)

光る素材は見出される時代、つけるべき力は持続力

私が子どものころはテレビがほぼ唯一の情報源でした。テレビに出演する人はまるで神で、よほどのことがない限り我々一般市民がテレビに出るという奇跡は起きない時代でした。そうした時代でチャンスを生かすために必要な個の力は、誰もが認める圧倒的な力である必要があり、続いて人脈等のヒューマンスキルが重視されていました。
今は全く様相が変わっています。素人のYouTubeチャンネルがテレビよりもはるかに高い宣伝効果を有し、テレビにも、たとえばプロ野球の試合にプロ野球YouTuberが出演したり、バラエティ番組に人気YouTuberが出演するのは当たり前になりました。「この人すごい」と周囲に本当に思ってもらえる人はネットでその光る才能の一部さえ見せれば、後は周囲が拾い上げてくれ、見出される仕組みになっています。
しかし、見出されるのが容易になればなるほど、easy come easy goで、周囲に見放されるのも早くなります。そのため、最初に売れた後、売れるネタを出し続ける持続力の重要性が増しています。
芸人の世界が一番わかりやすく、あるネタで一気にゴールデンタイムの主役に躍り出ても、続くネタが不発となれば消えるのも早いです。プロスポーツ選手も、若くして試合出場の機会を得ることは容易になっている反面、結果を出せなくなれば、新しい選手がどんどんでてくるため、これまでよりも早く引退を余儀なくされてしまいます。
というわけで、個として本当に成功するためには、周囲の評価を一定期間持続させなければなりません。これは、今の世の中において、一発当てることよりもはるかに難しいことでしょう。光る素材は絶対に周囲が拾い上げてくれます。ですので、成功したくばその瞬間をじっくり待って、しっかり長続きする力を身に着けることが先でしょう。

|

« 大枠をおさえておけば | トップページ | 組織のスタンダードは最初から目指さない方が良い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大枠をおさえておけば | トップページ | 組織のスタンダードは最初から目指さない方が良い »