« 初受験のタイミングは受験料と要相談 | トップページ | スーパー新人が組織を変える! は幻想 »

2020年7月14日 (火曜日)

お楽しみは一番最後に

個の成長のためには、実戦経験も大事ですが、ちょっとあいた時間にこつこつ小さな努力を積み重ねることが不可欠です。1つ1つの試みは小さくてもよいのですが、続けることが心理的に負担で、最初から努力タイムをいつにするかと決めてしまうと、スケジュールに圧倒されて1日のやる気をなくしてしまうかもしれません。
そのような場合、あえて何もしない空白のスケジュールを準備し、「何もしないのももったいないから何かしよう」と、自発的に小さな努力をするよう仕向けるのも1つの工夫です。たとえば日曜日に何も予定を入れないとつまらなく感じ、ちょっとジョギングしよう、とか、ちょっと難しい本を読もう、という方向に意識を向けることができます。
ここで工夫すべきは、先に楽しい予定を入れてしまわないことです。日曜日のどこかで飲酒したり、おいしいものを食べたり、ゲームをしたりするのはよいのですが、先に楽しい予定を入れてしまうとなかなかそこから頑張る時間帯に意識を戻すのは困難です。「何もすることがないことが苦痛」という状態だからこそ、その苦痛を除去しようと、前向きに努力できるもので、楽しい状態から苦しい状態に意識を向けるのはかなりの難関になります。
というわけで、日曜日にリラックス目的で楽しい予定を入れるにしても、できる限り最後にすべきですし、平日の夜も、先に楽しいことから済ませるのではなく、時間があいたならあけたままにして、何か少しでも前向きな時間にするよう仕向けた方が得策です。
好きなものは最後にとっておく人はよくいますが、お楽しみの時間も最後にとっておくのが、ちょっとした隙間の時間に前向きな努力を負担少なくできる良い工夫となります。

|

« 初受験のタイミングは受験料と要相談 | トップページ | スーパー新人が組織を変える! は幻想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 初受験のタイミングは受験料と要相談 | トップページ | スーパー新人が組織を変える! は幻想 »