« 集団意識の罠 | トップページ | 考えて動くということ、スポーツ選手編 »

2020年7月 9日 (木曜日)

事業のリスクはどこにある

コロナ対策はしつつも、経済対策はしたいというのが今の情勢。企業もそうしたいのはやまやまですが、いろいろ障害があるというのも今の情勢。そこで、何が敵で何が味方か整理しておいた方がよさそうです。
まず行政は敵か味方かというと、これは景気によります。好景気の時には税収アップのため締め付けが厳しくなりますが、今のコロナの時期のように全産業厳しい時期には普段よりも緩い基準を設けて救済してくれるため、苦しい時には話ができる相手になります。
次に顧客を見ると、サービスが割安の際には寄り付きますが、サービスが割高になると逃げていきます。顧客の収入状況をふまえて、いかに割安感を出すかが経営上のポイントで、その成否が経営に直結するのはある意味リアル接客よりもセンシティブで大変です。
では従業員はどうでしょうか。景気の良いときに収入をあげない、あるいは景気の悪いときに収入をさげる企業はモラールを失います。しかし、転職にはそれなりにリスクがあるため、多少の賃金差で従業員を確保できないような事情になることはありませんし、従業員の多くは勤めた会社で長く昇進していきたいと思っているものです。
以上をふまえると、コロナを含めて外部環境の変化に対応するためには、まずは内部を盤石にすべきということ。コントロールのききやすい内部の統制を強化することこそ、苦しい時期を乗り越えるセオリーといえるでしょう。

|

« 集団意識の罠 | トップページ | 考えて動くということ、スポーツ選手編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 集団意識の罠 | トップページ | 考えて動くということ、スポーツ選手編 »