« 接待では飲み放題をつけてはいけない | トップページ | 初受験のタイミングは受験料と要相談 »

2020年7月12日 (日曜日)

確実に手に入れるためには原始的な方法もまた合理的

人気の商品を手に入れる方法にはいくつかあります。従来は前夜から店頭に並ぶ方法しかありませんでしたが(ドラクエなど)、最近はネット予約やネット抽選の方法もあります。ネットが活用できることにより、無駄に長時間並ぶ不自由はなくなりました。
今日、この話題を選んだのは、新しく近所にできた「こども本の森 中之島」入館予約をとるのに苦労したからです。初回の予約は入学式と重なって手続きができなかったため、予約開始前からスタンバイして万全を期しましたがなかなかネットがつながらず、今回もダメかもと肝を冷やしました(結果的に平日の放課後の時間帯の予約を確保できました)。ネット先着方式では並ぶ必要がない反面、偶然接続できた人が予約できるため、運次第となるのがネックです。以前、JRの特急列車乗り放題チケットをネットで予約しようとした際は、朝5時過ぎに起きて1時間近くネットと格闘した挙句、結局チケットを得ることはできなかったことがあり、店頭に並ぶよりも負担は少ないものの空振りのリスクは高まります。
ネット抽選方式で、毎週ニンテンドーストアで応募しているnintendo switchはいまだに当たらず、毎週金曜日に「落選のお知らせ」メールを受領するのが定番になってきました。
このように、ネット予約は楽ですが、確実性には欠けるため、早く並べば並ぶほど確実に目的を達成できる店頭に並ぶ方法もある意味合理的なのかと感じます。時代の流れから、この方法は今後ますます減少していくと思われますが、各方法のメリット・デメリットを考慮しながら少しでも確実性を高める工夫をこらしていきたいと思います。

|

« 接待では飲み放題をつけてはいけない | トップページ | 初受験のタイミングは受験料と要相談 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 接待では飲み放題をつけてはいけない | トップページ | 初受験のタイミングは受験料と要相談 »