« 難しい年の問題に照準を合わせる | トップページ | 集団意識の罠 »

2020年7月 7日 (火曜日)

変化に対応するための情報収集のありかた

めまぐるしい外部環境の変化に敏感に対応することは、組織だけでなく個人においても社会で生き残るためい重要性が増しています。仕事でいうとテレワークに慣れ、自宅で業務を行っても生産性を落とさず、コミュニケーションもおろそかにならないよう慣れることの重要性はどんどん増しています。
変化に対応するためには、いきなり実践するよりかは、まずは情報をしっかり収集することから始めるべきです。この情報収集はネットを活用して簡易に行えますが、コツがあるように思います。
まず、概念やセオリーといった基礎的な内容については、広く浅く情報を集め、とりこぼしがないよう心掛けるべきです。そのため、検索ワードを微妙に変化させる等して類似・近似概念として出てくる内容まで広く抑えておくことが大事で、その知識や理解が、後に課題にぶつかった際の解決策のヒントになるかもしれません。
逆に、具体的な事例への対応例などについては、数をしぼって深く考察し、吸収するべきです。具体的な事例を前に、なぜその場面でそうするのか批判的に考察し、よりよい実務がないかを考えながら対応策を整理していくことで、具体的な場面での判断能力が身に付きます。これはノウハウのみ知識として知っているだけではなかなか使いにくいもので、数を絞って深く考察することがポイントで、これにより実務で使える武器となります。
以上より、基礎概念等はデータベース化して一覧性を持たせて管理し、具体例は時間に余裕のある時に深く検討して検討帳を作り上げていく方式が有効です。ただ漠然とネットで情報を検索するだけでなくこの点を意識して情報を整理していくだけで後に大きな差につながるのではないかと思います。

|

« 難しい年の問題に照準を合わせる | トップページ | 集団意識の罠 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 難しい年の問題に照準を合わせる | トップページ | 集団意識の罠 »