« 「自分で決める」ことの意識を | トップページ | 変化に対応するための情報収集のありかた »

2020年7月 6日 (月曜日)

難しい年の問題に照準を合わせる

昨年末に行われた修了考査の成績が返ってきました。受験生の間でも難しかったと評判の会計学の成績が致命的に悪く、その他の科目は合格点に達していましたがトータルで不合格という結果でした。
会計学は過去問を見ていても年度によって難易度が大きく異なるという印象でした。過去問を解いていて「とてもこんな問題解けない」と思うレベルの年もあれば、前年(平成30年)の問題などはなんとか解けるというレベルのものもあり、要は私の実力は、平易な問題には対応できるが、難解な問題には対応できないレベルだということがはっきりしたのです。今年の試験は確実に合格できるよう切り替えて、難解な問題に対応できるレベルまでしっかり備えようと思います。
このように、年によって難易度に波がある試験に対しては、まずは、難易度の低い問題を解けるようになり、そのレベルならば突破できるようになることが第一歩です。複数の科目の中にいくつかあるであろう平易な問題で得点を重ねられなければ良い成績はあげられません。しかし、この裏返しでいくつかあるであろう難解な問題に対応できなければやはり良い成績はあげられません。そこで、第二歩として難しい年の問題にくらいつけるようになる必要があります。
ここで「くらいつく」と書いたのは、難解な問題は崩し切る必要まではなく、平易な問題で得点を重ねていればここは部分点をこつこつとっていけば合格点には達し得るからです。しかし、それでは確実性は欠けますので、どうしても合格したい場合、第三歩として難解な問題も崩せる力をつける必要があります。
毎年同水準の問題の出される試験は目標をロックオンしやすいですが、水準が上下する試験では、まずは簡単な問題で点を稼げるようになる→難解な問題で部分点をとれるようになる→難解な問題でばっちり得点できるようになる、というステップを踏んで準備を進めることが大事です。私も修了考査リベンジのため、各科目難しい問題が出された場合を想定してばっちり準備したいと思います。

|

« 「自分で決める」ことの意識を | トップページ | 変化に対応するための情報収集のありかた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「自分で決める」ことの意識を | トップページ | 変化に対応するための情報収集のありかた »