« 事業のリスクはどこにある | トップページ | 接待では飲み放題をつけてはいけない »

2020年7月10日 (金曜日)

考えて動くということ、スポーツ選手編

コロナ前から言われてきたことですが、最近さらに強く提言されていることは「考えて行動する」ということ。周囲の指示やセオリーに漫然と乗っかるのではなく、日々刻々と変わる状況をふまえて自分で最善を考えて行動することが避けられない時代になっています。
スポーツでいうと、野球もサッカーも無事に開幕しましたが、調整に失敗した選手、キャンプ時には好調であったにもかかわらず今は不調に陥っている選手などがいます。こうした選手は、自粛期間に何をすれば自分で考えられなかった、あるいは考えた内容がずれていた可能性が高いと思われます。
たとえば自粛期間中、人のいない時間帯を調整して一人でウェートトレーニングをする、というのはスポーツ選手なら誰もが行っていたはずです。しかし、どの程度の運動をするかは、いつ試合が再開するかを予測しながら、そこに向けてコンディションをあげていくよう組み立てるべきで、自分で考えて答えを出さなければなりません。漫然とコーチの課した数値をこなすだけであったり、自分に甘い自主トレメニューではなかなかコンディションをあげていくことはできないでしょう。
スポーツでコンディションをあげるためにはどこかでしんどい思いをしなければなりません。ダイエットのように緩く歩いていても成し遂げられるものではなく、しんどい思いをしてシーズン前にコンディションをあげる作業が不可欠です。例年のように開幕のタイミングが固定されていれば、どの時期に体を追い込むべきかは周囲が教えてくれますが、今回のようにいつ試合が再開するか先が見えない場合、自分で先を予測して、そこから逆算してしっかり体を追い込むべき時期を考える必要がありました。今年成績を残せた選手はこの力はしっかりあったと言ってよいかもしれません。
こうして、自分が成功を得るために、いつ何をどのようにするかしっかり考えることが重要な今日。これは誰も教えてくれないと割り切り、少しずつ試行錯誤して「考える力」を身に着けていきたいものです。

|

« 事業のリスクはどこにある | トップページ | 接待では飲み放題をつけてはいけない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 事業のリスクはどこにある | トップページ | 接待では飲み放題をつけてはいけない »