« 自分の実力よりも少し高い領域でのチャレンジ | トップページ | 電子決済に投資を »

2020年7月 1日 (水曜日)

慣れないからこそ早期導入を

コロナ感染対策として活用が急速に広まったリモート会議。誰もが最初は慣れないと思います。私も、事前準備できちんと機器が作動することを確認していたにも関わらず、本番では危機がうまく作動せずに相手を大幅に待たせてしまったり、会話の間がうまくつかめず、発言が重なるなどうまく会話のリズムが取れなかったりいろいろ苦労しました。対面とリモートと、どちらか選べるのであればほとんどの人が対面を選択するはずです。
しかし、第二波の到来も予測される中、リモート会議に慣れることは必須です。誰もが最初はうまく活用できません。ですので、初期に失敗してもそれがキャリアに致命傷を与えるような失敗になるとは考えなくてよいでしょう。むしろ今後、皆普通にリモート会議を活用できるようになった中で、一人だけリモート会議をうまく活用できないとなるとこれは致命傷となりかねません。ですので、まだ皆試行錯誤のこの時期にしっかり経験を積んで早めに慣れておくことが将来のために非常に有用です。
とはいえ、お客や取引先相手に失敗をするのは、仮にリモート会議初心者であると相手に理解があたっとしても回避したいため、まずは内部会議からどんどんリモートで開催していくべきでしょう。リモート会議は使いにくいからできる限り利用しないようにしよう、とする管理職のチームは時代に取り残され、これを積極的に活用する組織が生き残っていくはずです。
失敗の回避は大切な考え方ですが、将来避けられない失敗は早めにしてしまって早くこれを克服してスキルやノウハウを得てしまうべきです。リモート会議はその最たる例として非常にわかりやすいです。

|

« 自分の実力よりも少し高い領域でのチャレンジ | トップページ | 電子決済に投資を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自分の実力よりも少し高い領域でのチャレンジ | トップページ | 電子決済に投資を »