« 緊急事態宣言解除後も、大型集客イベントは戦略的自粛を継続し、小規模集客イベントはビジネスモデル存亡をかけて強行する | トップページ | ×最短距離 ○見通しの良い広い道 »

2020年5月23日 (土曜日)

運動スタイルをどう変えるか

コロナでビジネスモデルの改良を余儀なくされる業界は少なくないですが、我々の日々の運動のやり方も変えていかなければならないように思います。
まず、最近ジムで運動する人が増えてきましたが、ジムは今後も感染リスクが高く、当面使用しにくい状況が続きます。これにより、店舗数は大きく減少し、街中で気楽に行ける施設ではなくなると予想されます。
ジムに行かずとも社会人の運動はジョギングで十分なのですが、ジョギングもいろいろ気をつけるべき点があります。先週から、公園等の人が増えてきましたので、公園等を走るにしても、人が少ない時間帯や道を選んで走るべきで、運動の機会は事実上かなり限定されます。
ジョギングがなぜ問題かというと、大きな呼吸がコロナウィルスを拡散するおそれがあるという点です。ですので、散歩ならリスクは低く、ダイエット目的であればジョギングよりも散歩の方が脂肪燃焼が多くなり得策です。
以上をまとめると、今後の運動スタイルは、ジムで短時間でまとまった運動をすることから、時間をかけてのんびり街中を歩く散歩型に変化していくと考えられ、強度の運動や短時間での運動を希望する人は鉄棒や鉄アレイ等を購入して自宅で運動するケースが増えるのではないかと思います。私はこの両方を取り入れて健康維持に努めています。人との接点と大きな呼吸をできる限り減らす必要性が今後も続く以上、こうした変化はやむなしと考えられます。

|

« 緊急事態宣言解除後も、大型集客イベントは戦略的自粛を継続し、小規模集客イベントはビジネスモデル存亡をかけて強行する | トップページ | ×最短距離 ○見通しの良い広い道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 緊急事態宣言解除後も、大型集客イベントは戦略的自粛を継続し、小規模集客イベントはビジネスモデル存亡をかけて強行する | トップページ | ×最短距離 ○見通しの良い広い道 »