« エンターテインメント業界はレベルアップする | トップページ | 子どもは一日中家にいるのがよい? »

2020年5月 2日 (土曜日)

公園でバーベキューを楽しんで良い条件

「皆我慢しているんだからあなたも自粛しろよ」という空気が強まり、不要不急のジョギングや散歩さえ敵視されがちな状況というのは心地よくなく、早く元に戻ってほしいと切望します。
今日は「公園でバーベキュー」をテーマに、考えてみたいと思います。まず何より、その公園でバーベキューが許可されていることが第一条件です。そのうえで、おそらく今の風潮の中で公園でバーベキューをしたら、通行人に何度も注意されるでしょう。では、公園でのバーベキューが100%アウトかというとそうではないと思います。
コンビニやスーパーのイートインが閉鎖されているため、お昼休みに公園のベンチで食事をする人は増えています。公園のベンチでせいぜい3人までの短時間の食事であればそれほど感染拡大のリスクは大きくなく、むしろ、オフィスの密室で食事をするよりもはるかに健康的です。そのため、大人数でなく、かつ、長時間でなければ、屋外での飲食は決して禁止されるべきことではありません。
ここで、この「大人数」という要件が自力でコントロールできない点に注意が必要です。たとえば、広い芝生広場の真ん中でバーベキューを行い、歩行者はその近くを通らないような場合はこのバーベキューはOKでしょう。しかし、口コミなどでその場所の情報が広まり、他のグループもバーベキューや食事をして混みだすと「大人数」になり、近隣住民から「立入禁止」にしろ、という意見が出てきてしまいます。
以上を整理すると、公園でバーベキューを楽しんで良い条件は、
・その公園でバーベキューが許可されていること
・せいぜい3人までで、時間も1時間程度にとどめること
・人の少ない公園(あるいは人の少ない時間帯)であること
・情報が拡散して人が増えてきたら自粛すること
といったところかと思います。こうしてみるとパチンコ難民と同じ構造に見えます。すなわち、①ネットであいているパチンコ屋を探す→②そのパチンコ屋に客が集まる→営業自粛を余儀なくされる、という構造です。
バーベキューに限らず、外で何かを楽しもうとする場合、自分だけの「秘密の花園」をみつけて、その場所の情報が拡散しないように注意するのがセオリーになってくるかもしれません。

|

« エンターテインメント業界はレベルアップする | トップページ | 子どもは一日中家にいるのがよい? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« エンターテインメント業界はレベルアップする | トップページ | 子どもは一日中家にいるのがよい? »