« 趣味を増やす | トップページ | 暗記か現場思考か »

2020年5月10日 (日曜日)

気分転換に寝床を変える

外出自粛で、家にずっといると気が滅入ってしまいます。そこで、我が家では気分転換に子の寝床をその日の気分で変えられるようにしています。我が家では、子どもが生まれる前はベッドで寝ていましたが、子ができた際、母子は布団で寝るようになり、私は仕事前日はぐっすり寝られるようベッドで一人で寝ています。これに加えて、小学校入学記念でリビングの一角を子ども部屋にし、ここに布団を敷いて寝ることもできます。
つまり、子にとっては、布団・ベッド・自分の部屋の3つの寝床があり、その日の気分で寝る場所を決められるのです。この自由度は単純なようで、意外に気分転換とストレス発散に効いているようです。
寝る時間も本来は決められた時間を遵守させたいのですが、学校再開日が決まるまではあまり締め付けすぎず、度を超えた時間にならない限り自由に、眠くなった時に寝ることを認めてリラックスさせています。
規則正しく、きちっと決められたことをすることはしっかり教えなければいけませんが、ストレスをためこませないことが今は優先。うまく工夫して気分転換できる方法を他にも模索していきたいと思います。

|

« 趣味を増やす | トップページ | 暗記か現場思考か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 趣味を増やす | トップページ | 暗記か現場思考か »