« 求められるのは即戦力 | トップページ | 政府「まず最大限自衛せよ」、国民「指示通りにするから不労所得おくれ」の無益なやりとり »

2020年4月 8日 (水曜日)

わかりやすい行動指針と倫理観

組織のリーダーの大きな仕事の1つに、組織メンバーの行動指針や高い倫理観の醸成があります。上司は部下にすべての行動を命令することはできません。ですので、できるかぎりわかりやすい行動指針を示して、具体的な指示のない場面でも組織の意向に沿った活動ができるようにすべきであり、また、普段から高い倫理観を植え付けていくことで、不正やその他逸脱した行動を防止できます。
昨今の情勢から、このことの大事さをしばしば痛感させられます。すなわち、新型コロナについて要請される自粛の内容がよくわからないから従わない、という人がこんなにも多いのかという現状です。
自粛要請の具体的な内容がわかりにくいのは、行政として補償義務の確約を回避しつつ、各自ができることをやってほしいというもので、少し考えれば私はわかると思うのですが、それが浸透していないのは、やはり言葉足らずな部分があり、また、日本人固有の高い倫理観も失われつつあるのかと感じます。
ただ、今回の件は終わりがみえないという点が一番厳しい課題であるように思います。「2週間経済活動を止めて無収入に家に閉じこもるように」という要請が出た場合、多くの人にとって厳しい内容ですが、ゴールがはっきり見えているだけにおそらくほとんどの人が要請に応じられるのではないでしょうか。しかし、組織で何かを目指す場合、明確なゴールはないケースの方が多いと想定されます。
そう考えると、ゴールの見えない長期戦となるのであれば、闇雲に自粛要請するのではなく、体力のない小企業や非正規・派遣の方々へのサポートを早急に行ったうえで、持続可能な自粛要請をもう少し明確にすべきだったようにも思います。
この件のゴールがどこにあるかまだ誰も知りませんが、ゴールの見えない先に向けて日本人全体で動いていく際の課題や反省点はいろいろ見えたはずで、ぜひとも今後に生かされてほしいと願います。

 

|

« 求められるのは即戦力 | トップページ | 政府「まず最大限自衛せよ」、国民「指示通りにするから不労所得おくれ」の無益なやりとり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 求められるのは即戦力 | トップページ | 政府「まず最大限自衛せよ」、国民「指示通りにするから不労所得おくれ」の無益なやりとり »