« 第三者の証言の信用性 | トップページ | 日本地図パズル »

2020年3月28日 (土曜日)

感染予防をドラクエ風に考える

新型コロナの感染拡大の兆候に対して、一人ひとりが警戒心をしっかり持つよう啓蒙されています。しかし、先週の連休は各地で日本人観光者が多く、平日夜も繁華街はにぎわいをとりもどしつつあります。しかし、これが実は危険で、多少の犠牲を払ってでも回避すべきことを、ドラクエ風に考えてみたいと思います。
Dokunoiki
新型コロナ罹患者は、無意識的継続的に「毒の息」を吐いています。これは効くときと効かないときとがありますが、今回の新型コロナについては「毒消し草」がないため、毒をくらってしまうと致命傷になりかねません。ですので、「毒の息」はできる限り高い確率で回避しなければなりません。*例えとしてドラクエのモンスターの技を引用していますが、決して感染者を蔑視する意図はございません。もし不快に感じられましてもご容赦いただければ幸いです。
Photo_20200327085101
外出時には、旧ドラクエ式の対面交渉ばかりではなく、フィールドの中で自分のポジションをとって役割を果たすドラクエ10方式で活動していくことになります。ですので、「毒の息を高い確率で回避する方法」のファーストチョイスは、相手と距離をとることです。現実には誰がコロナウィルスを持っているかわからない、多かれ少なかれ皆持っている可能性があるため、要は他人とは距離をおいて、仮に「毒の息」が放出されても回避できるように態勢を整えることが何より大事です。
その次に、戦闘(=生活に必要な活動)以外の場面で毒の息を吸ってしまわないよう、不必要な外出、不必要に不特定多数の人がいる場に長居しない、毒の息が蔓延しやすい洞窟(=換気の良くない密室等)に行かないことが大事になります。
ですので、日々の活動は必要な戦闘(=生活に必要な活動)を、他人と距離をとって主に魔法(=テレワークなどの遠隔手段)で行うべきで、これを怠り、一度毒をくらってしまうと、後から回復不能となってしまうことをしっかり肝に銘じるべきです。
こう考えると、魔法重視の戦闘は経験値を稼ぐ効率が悪い(=あまり儲からない)とか、打撃で敵を倒す快感がない(=自粛ばかりで楽しみがない)という不満はあるでしょうが、これを我慢しなければ全滅の危険のある場面では誰もが我慢できるはずです。
終わりの見えない戦いですが、できる限り早く終わらせなければ社会全体でも個人レベルでもどんどん損失は大きくなります。いましばらく社会全体で我慢を通し、早く収束を迎えてもらいたいものです。

|

« 第三者の証言の信用性 | トップページ | 日本地図パズル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第三者の証言の信用性 | トップページ | 日本地図パズル »