« ホームラン答案を狙う場合 | トップページ | 働き方改革は成功したか »

2020年3月 3日 (火曜日)

自分の身は自分で守る意識

新型コロナウィルス騒動は、他国での患者が急増して一気に世界規模の騒動となってきました。日本国内の患者は報道によるとまだ少なく、その多くが中国人観光客で日本人の患者は少ないように見えますが、「体調が悪いのに病院へいっていない」潜在的な患者は相当人数いると推定され、こうした人が公共交通機関等でウィルスをまき散らすと、日本も一気に患者が急増するおそれがあります。
これからはどんどん温かくなっていくはずですので、あと1か月頑張って乗り越えたいところです。そのためには、個々人が自分の身を守るという意識をしっかり持つことが大事です。「マスクを着けて厚着しているから大丈夫」とはいえませんし、マスクをせずに公共の場で咳をしている人を敵視しても解決する話ではありません。ちょっとの辛抱ですので、不特定多数の人間が集まる屋内の会合やイベントには行かない。電車移動はピーク時を避ける、夜遅くまで飲み歩かない、寝る際は多少汗をかいてもしっかり暖かくして寝る、といった自衛の意識を強く持って、安全に安全に対応を選択していくべきです。
こうした意識が普段高い人でも風邪やインフルエンザに罹患します。それは、業務中に同僚からうつされたり、通勤途上などでウィルスをもらってしまうからで、要は、「完璧な対策」は存在しません。しかし、「完璧な対策がないからできる限りのことをしよう」と考えることで、ウィルスをもらう可能性を少しでも下げていくことが大事なのです。
そうすると、ガチガチの生活で日々がつまらない、という声もでてきそうですが、今回の件はそれくらい非常事態「となり得る」水準の大事件ととらえるべきでしょう。目先の楽しみは少し先送りし、しっかり対策を講じて乗り切った人だけが、この先事態が収束した後に楽しい1年を取り戻すことができるように思います。

|

« ホームラン答案を狙う場合 | トップページ | 働き方改革は成功したか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ホームラン答案を狙う場合 | トップページ | 働き方改革は成功したか »