« アイススケートデビュー | トップページ | ライバルは必要? »

2020年2月17日 (月曜日)

択一試験は確率論

司法試験の択一試験を受けた際は、1つ1つ肢を丁寧に検討し、間違いなく答えはこれだ、という確証をもって答えを選びます。そうした確証をどれだけ持てるかが合否のカギでした。私は択一試験とはそのようなものだと思っていたのですが、英検1級を受けた際、択一試験はやはり確率論だと考えを改めました。
英検1級の最初の25問は非常に難解な語彙問題です。この問題は確証をもって答えを選択するのは困難で、4つの肢から、「これは違うだろう」という肢を削って後は確率勝負になります。たとえば4つのうち2つの肢を削ることができても答えは出ませんが、2分の1の確率なので、10問解けば確率的に5問合うだろうという計算になります。
中小企業診断士の択一試験も、細かい知識問題はなかなか確証をもって答えられませんが、同様に2択に絞って半分とれれば上出来と割り切るべき場合があります。
テスト対策としては択一試験はこうしていかに確率を上げるか、賢く解き進める必要があります。ただ、実際の実務ではこうした確率的な曖昧な知識は役に立ちません。テスト対策はテスト対策、仕事は仕事きちんと分けて考えることを忘れてはならないでしょう。

|

« アイススケートデビュー | トップページ | ライバルは必要? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アイススケートデビュー | トップページ | ライバルは必要? »