« 落とす試験か通す試験か | トップページ | 大義名分をうまく使おう »

2020年2月11日 (火曜日)

クラウドファンディングの勧め

今年はオリンピック・パラリンピックイヤー。有力選手の動向も気になりますが、私は苦労して一生懸命頑張っている選手にも注目しています。どの種目でもスポーツで上位を目指そうとするとかなりの費用を要します。メダル候補の選手などはJOCや所属企業、後援会などから潤沢な資金を受けていますが、こうしたトップレベルではない選手は必死に資金集めして、練習方法を工夫して上位を目指しており、そうしたところに感動します。
資金集めの方法は、従来は後援会や知人を通じた寄付を募ることが主流でしたが、最近はクラウドファンディングという注目の手法があります。群衆からのファンドということで、主にネットを通じて、ファンや選手の志に共感する人から幅広く資金を集める手法です。資金を支出してもらう「リターン」も柔軟に決めることができ、選手の仕事や特技などの強みを駆使して魅力的なリターンを考え出すことができればかなりの資金を集めることができるかもしれません。
現役選手に限らず、引退後のキャリア形成にも、昔のファンから開業資金を募ってお店を立ち上げ、そのサービスを出資者に還元するというようなやり方が考えられます。このように、クラウドファンディングは志と何らかの強みを持った人が、その強みを生かして志を果たすための先立つものを手配する大事な機能を提供し得る注目の仕組みです。
この仕組みがうまく機能するためには、手続の透明性を大前提とした制度の信頼性が不可欠です。私も最近この制度を知ったばかりですが、将来、有望な人がうまく使えるようしっかり勉強して、制度の信頼性を支えられよう備えたいと思います。

|

« 落とす試験か通す試験か | トップページ | 大義名分をうまく使おう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 落とす試験か通す試験か | トップページ | 大義名分をうまく使おう »