« 正攻法あるのみ | トップページ | 窮屈な成長領域 »

2020年1月 2日 (木曜日)

成果は遅れてやってくる

目標達成のために一生懸命努力するけれども、なかなか思うような結果を得られないという人はいます。それ自体は決して悪いことではありません。タイムリミットの厳しい目標を立てたから間に合わなかっただけで、一生懸命頑張ったという事実は変わりません。その結果、たとえば大学入試では本命の大学に入れなかったけれども、入った大学ではスムーズに学業になじめて結果的にそちらの方が大学卒業時の学力は高くなっていたというような逆転は生じます。
このように「遅れてくる逆転」は意外に多く訪れるもので、新しいステージに入った瞬間は特に、1つ前のステージでやり残した分野で逆転を果たすチャンスです。
1年の始めも同様で、昨年やり残したことをここでリセットしてしまうと何も残りませんが、昨年頑張ったことを継続して取り組むと、新年早々幸先よく逆転劇を演出できるチャンスがあります。
新しいステージや新年の始まりはフレッシュスタートするイメージがどうしてもありますが、実は前のステージでのやり残しを完遂するチャンスです。お正月休みは昨年頑張った努力の棚卸整理をして、休み明けからスタートダッシュをかけると良い1年になるのではないでしょうか。

|

« 正攻法あるのみ | トップページ | 窮屈な成長領域 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 正攻法あるのみ | トップページ | 窮屈な成長領域 »