« 情報を分別する力 | トップページ | 平面の成長 »

2020年1月16日 (木曜日)

メンターを限定せよ

船頭多くして船山に上る。という諺があります。アドバイザーが多いとかえって行先が迷走するという意味です。プロ野球の期待の若手選手がこれにはまっているのが時々報道されます。コーチに指導を受け、それと異なる指導を別のコーチやOBから受け、過去の恩師からは「焦らず自分らしくやれ」と言われ、監督からは「早く1軍に上がってこい」と言われる。これらすべてのアドバイスを受け入れると大変で、取捨選択するにも、どれを残せばよいか悩み、迷走してしまうわけです。
会社で活躍しようとする際も、直属の上司、先輩、同僚、大学等の先輩、役員等からまったく異なる指導を受けて悩むケースはよくあると思います。この場面で、もちろんそれぞれの指導の内容をふまえて一番良い内容を自分で選ぶのがファーストチョイスです。しかし、何が良いか自分で判断できない時もあるでしょう。このとき、誰の助言を優先するのか、自分のメンターを限定し、あるいは順位づけしておき、迷った際に誰の助言を優先するのか決めておくことが有効です。
迷った局面では、「最善を探そうとせず、70点くらいの選択で満足する」「すべてを立てようとせず思い切って取捨選択する」ことが大事です。特に逆転を目指す局面では、どうしても最善策を探したくなりますが、それ以上に、時間のロスや技術・評価の後退が大きく響いてしまいます。冒頭の諺にせよ、八方美人のデメリットの指摘にせよ、この点に関しては先人もいろいろ悩まれていたことがうかがえます。

|

« 情報を分別する力 | トップページ | 平面の成長 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 情報を分別する力 | トップページ | 平面の成長 »