« It is a good day when we have something to do | トップページ | メンターを限定せよ »

2020年1月15日 (水曜日)

情報を分別する力

ネットの普及以降、我々はそれまでよりも圧倒的に多数の情報に触れることができるようになりました。その中には大変利用価値の高い情報もたくさんあるのですが、いかんせん、情報総量が多すぎるため、目的の情報にたどりつけなかったり、そもそも有用な情報の存在に気付かずに終わってしまうこともよくあります。
たとえば、一般人が相続について調べようとネット検索する場合、相続についてわかりやすく丁寧に整理している弁護士等のサイトはたくさんありますが、普通に検索すると内容の乏しい営業サイトが上位を独占するため、なかなか目的のサイトにたどりつけないです。検索ワードをうまく組み合わせてヒットするサイトを絞っていく必要がありますが、パソコンに疎い人には大変な作業になります。
ネット検索は単純な作業ですが、意外にテクニックを要します。将来的にはAIの発達とともに、大幅な改善は期待されますが、少なくとも当面は我々自身が検索力をアップするよりほかありません。その際に我々が持つべきは、「これが最善の情報ではない。もっと良い情報がある」という意識です。なんとなく満足できる情報にたどりついても、もう少し検索のやり方を工夫して粘ってみることで、さらに良い情報に得られることは結構よくあり、その際の工夫が次につながっていきます。
情報検索は短時間でぱぱっと、という意識では成長できません。時間が大切な現代ではありますが、だからこそ、情報検索には時間を投資してより良い掘り出し物を得ようとする試みが大事になるでしょう。

|

« It is a good day when we have something to do | トップページ | メンターを限定せよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« It is a good day when we have something to do | トップページ | メンターを限定せよ »