« 断食という毒薬 | トップページ | 「厚」は「薄」を兼ねる »

2020年1月26日 (日曜日)

ゲームとの付き合い方

子どもはちょっと時間があくとゲームばっかりやってます。ゲームをすることは頭脳にも体にもあまり良い影響はないため、できる限り制限したいのはどこの家庭でも同じではないでしょうか。
ゲーム自体の存在を知らせないことは現代的には困難です。友人や、テレビなど様々なところからゲーム情報は入手できます。また、親が常に子にかまってあげることが困難である以上、ゲームに子どもをかまってもらう必要性も否定できません。
結局、ゲームについてはきちんと時間等の家庭内ルールを定めて、そのルールを厳守させることが大事なのでしょう。そして、ゲームを制限する時間帯は親がきちんと子にかまってあげることも不可欠と思います。
これから小学校に入り、ゲームをする時間が増えていくと思いますが、我が家でもきちんとルール設定と親子の触れ合いをしっかりしていきたいと思います。

|

« 断食という毒薬 | トップページ | 「厚」は「薄」を兼ねる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 断食という毒薬 | トップページ | 「厚」は「薄」を兼ねる »