« Study week | トップページ | 「大」はリスク »

2019年12月11日 (水曜日)

時間を見つけて自己学習を

私の周りの弁護士を見ていると、20代の弁護士は家に帰るとゲームばかりやっているという人が多いですが、30代になると、勉強をしているという人が増えてきます。
20代の弁護士にとっては1件1件の日々の業務が貴重なOJTであり、そこから多くを学べますが、30代になると、仕事は基本、できることしか回ってきません(できないことをできると偽って仕事を取るのは職業倫理に違反するおそれが高いです)。そのため、日々の業務だけではあまり成長できませんので、Off-JTとして、勉強時間を確保しているのです。
これは弁護士に限らずどの業界でもいえることで、新入社員はまずは日々の仕事に注力し、仕事をこなす中で成長すべきですが、ある一定レベルに達すると、できて当たり前の仕事しか回ってこなくなるため、さらなる飛躍を目指すのであれば、仕事の外で自主的な勉強時間を確保する必要があるのです。
もちろん、趣味も大事ですし、30代以降は家庭での時間も大切です。そうした時間を犠牲にすることなく、うまく勉強時間を確保して、仕事外の分野のスキルを磨くことは、現代的にどの仕事に就いても重要性が増しているでしょう。
人材難の時代なので、仕事を丁寧にこなしていれば安泰・・とは限りません。誰もがたどり着けるレベルの仕事は、より安くて若い労働力に奪われていくリスクがあります。そのリスクヘッジのためにも、仕事ばかりにならずに、自分の磨きたいスキルを自主的に磨くことが、非常に大事だと思います。

|

« Study week | トップページ | 「大」はリスク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Study week | トップページ | 「大」はリスク »