« 「大」はリスク | トップページ | 理想の野菜ジュース »

2019年12月13日 (金曜日)

「えいや!」で一気にエンジンをかけてしまう

朝が寒くて暗いこの季節は起きる時間がどんどん遅くなっていきます。例年であれば・・。しかし、今年は私の起床時間はどんどん早くなっています。
公認会計士になるための最後の難関である修了考査のために、起床→食事以外ずっと勉強→就寝→起床・・というループ生活が続き、心身ともに疲労がたまってきました。司法試験を目指した20代のころは何でもないライフサイクルでしたが、年齢を感じざるをえません。疲れがたまると、当然、朝起きたくありません。
起きたくないからこそ、まだまどろみ状態でも少し頑張れば起きられそうなタイミングで起きてしまうのがここ数日の朝の状況です。起きることへの抵抗があるからこそ、多少早くても比較的楽に起きられそうな時間にえいや!で起きてしまうため、どんどん朝が早くなっているわけです。
これは起きる話ですが、個の成長のために必要な「継続」をするモチベーションを維持するのはとても大変なことです。どうしても、体調や天気や気分などを言い訳にしてやりたくない日が生じます。そうした日にどうモチベーションを維持するかはかなり重大な課題ですが、私の場合、「やめるという選択肢はない」という結論ありきを自分に言い聞かせ、そのために一番楽な道は何か探します。それが、上記の例でいえば楽に起きられそうなタイミングで起きてしまうことです。
毎日ちょっとしたことでも続けることは心理的に大変ですが、このように、比較的楽なポジションやタイミングなどを見計らって一気にエンジンをかけてしまうことが大事な解決策で、エンジンさえかけてしまえば毎日やっていることを今日も行うことはそう難しくないはずです。普段よりもしんどい時に、普段よりもしんどい選択肢を選ぶのは、普通に考えているとできませんが、「続ける」という結果を固定し、そのために一番有利な方法を検討するという手順で考えれば、どこかで一気にエンジンをかけることに自然と思い至ることができるのではないかと思います。

|

« 「大」はリスク | トップページ | 理想の野菜ジュース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「大」はリスク | トップページ | 理想の野菜ジュース »