« 大は小を兼ねる? | トップページ | Red leaf season is very crowded in Kyoto »

2019年12月 2日 (月曜日)

温めるべきは素足

寒い季節ですが、寝る際に毛布でしっかり装備しすぎると、就寝中暑くて起きてしまいがちです。毛布では暑い、しかし、タオルケットでは寒いという、帯に短し襷に長し状態に苦慮しだすと、大事な睡眠が確保できず大変です。
そこで私が工夫しているのは、お腹は毛布で温め、素足をタオルケットで覆う寝方です。毛布で全身を覆うと暑いのですが、足を出すと涼しく、お腹を保護しながら快適に寝ることができます。しかし、足は素足ですので、冷えやすく、あまりに冷えるとまた不快になったり、トイレが近くなったりして眠りを妨げてしまいます。そこで足をタオルケットで覆ってみるとちょうど良い温度となり、快適に寝られるようになりました。
もちろん、冬本番に入るこれからは、毛布でしっかり暖かくしないと風邪をひいてしまう時期に入っていきます。しかし、12月は冬本番の服装や布団、暖房ではまだ少し暑い時期でもあります。うまく防寒具を必要な部位に適用する工夫により、快適に年末年始を迎えたいものです。

|

« 大は小を兼ねる? | トップページ | Red leaf season is very crowded in Kyoto »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大は小を兼ねる? | トップページ | Red leaf season is very crowded in Kyoto »