« 負けず嫌いであれover自分の壁 | トップページ | 必勝祈願 »

2019年12月 7日 (土曜日)

夏は回転の速い店へ、冬は回転の遅い店へ

いよいよ冬が到来しました。この時期、お昼を外に食べに出るのも嫌になりがちです。寒い屋外を歩くのも辛いですが、やっと入ったお店でも隙間風などで寒い思いをしながら食事をするのでは、昼食はもはや楽しみの時間ではなく試練の時間といってもよいかもしれません。
この時期、食べ物は腐りにくいのでお弁当を作って部屋から出ずに昼食をとることも多いのですが、外に食べに出るときはあまり回転しない落ち着いた店を選んでいます。回転の速い店は、頻繁に扉が開閉するため店内がとても寒くなり、扉近くの席に着こうものなら大変です。また、回転の速い店は食事を済ますとすぐに食器を下げて追い出そうとしてきます。たとえばラーメンを食べに行ったとして、麺は食べ終わっても、まだ温かいスープをゆっくりすすりながら休憩したい気持ちはこの時期生じがちですが、回転の速い店ではそれを許してもらえません。さらに、師走のドタバタ感を昼食時まで感じるのは精神衛生的にもよくありません。
ですので、繁盛しているお店ではなく、すいていてゆっくり食事のできるお店が、この時期休憩にはベストです。しかし、夏は話が異なります。夏は食べ物が腐りやすいので、しっかり回転している店の方が食べ物は安心できます。季節柄それほどドタバタしていないため、時間が余れば本屋やコンビニで立ち読みしたり、オフィスに戻ってパソコンや携帯電話で情報収集するなどリラックスの手段はいくらでもあります。
というわけで、夏は繁盛している回転の速いお店でスムーズに食事し、冬は人の少ない落ち着いたお店でしっかり休憩するのがベストだと思い、夏場にはいかなかった穴場のお店を最近よく探しています。

|

« 負けず嫌いであれover自分の壁 | トップページ | 必勝祈願 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 負けず嫌いであれover自分の壁 | トップページ | 必勝祈願 »