« 必勝祈願 | トップページ | Study week »

2019年12月 9日 (月曜日)

早めの撤退を!

修了考査を1週間前に控えた日曜日。ここまで順調な体調でしたが、早朝から激しい下痢が続きました。日曜日はほぼ休息日にあて、勉強のスケジュールはつめこんでいないので、本来の予定では、自宅で療養しながら調子のよい時間帯に少しだけ勉強するスケジュールとなるはずでした。しかし、この日は子どもの模擬試験の引率をしなければならず、「下痢だけなので何とかなるか」と、下痢止めを飲み、飲食は暖かくて刺激の少ない物(ホットティーとホットココアのみ)のみを意識して、子どもの引率は無事果たせました。しかし、少し無理をしたのか、帰宅して熱を測ってみると38℃オーバー。自覚症状が下痢以外になかったため、体温チェックをしなければ大変なことでした。こうなると、もうこの日の活動は完全に捨てて、完全防備で暖をとり、早く寝て、翌日の復活を目指すのでした。
おそらく、風邪などの病気は最初の兆候を発見した時から慎重に、無難に、早めの対応をする人が多いと思います。しかし、他にどうしてもやらなけれあならないことがあると、「少し対応が遅くても大丈夫だろう」と安易に撤退ラインを下げがちですが、これが大悪手になることはままあります。病気にせよ、障害にせよ、リスクは小さいうちに早めにつぶしておくのが全体最適であることが多いです。ですので、他に「やりたい」ことがあっても、それを我慢して早めに守りに入るのが当たり前のようで大切な生活上の工夫です。
というわけで、私は修了考査6日前のこの段階で今日は勉強を放棄して早く寝ます。明日から挽回して間に合わせるために。(12/9夜加筆:暖かくしてぐっすり寝て一晩で36℃に戻り、本日は平常運転できました。)

|

« 必勝祈願 | トップページ | Study week »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 必勝祈願 | トップページ | Study week »