« のんびり行こうよ | トップページ | 空腹感を残してはいけない »

2019年11月 8日 (金曜日)

事象はどうとでも考えられる。そこで、どう考えるか

同じ状況に陥った時の感じ方は人それぞれです。たとえば、大事な仕事で失敗した状況では、「俺もう終わった自殺しよう」と考える人もいれば、「ユニークなアウトプットができた。これは今後のセオリーになっていくだろう」と考える人もいて、自己評価は千差万別です。同様に大事な仕事で成功した状況では、「俺よくやった。これで勝ち組」と考える人もいれば、「プレゼンを聞かずに寝ていた人もいた。周囲の評価はいいけれど、これは最悪の仕事だったのでは?」と、考える人までいます。
終わった事実については、自分の率直な評価があるはずです。しかし、周囲の評価は自分の率直な評価からかけ離れたものもあり、かつ、多くの場合、自分の評価は周囲の評価の中心点にはなりません。この事実をうまく個の成長に活かすべきです。
これは、要は失敗しても楽観的になれますし、成功しても謙虚でいられるということです。その場その場で自分は気持ちをどう持っていけばよいかを考え、直近の事象をそのような感情に導く評価をすればいいわけです。書店に並ぶ本などでは常に前向きになるよう楽観視する方向に考えを持つべきだと指南していますが、多くの場合そうであっても、うまくいっている時間帯は、謙虚になることも大事です。
このように、過去の成功や失敗は後からどうとでも言えるのです。これをうまく将来自分が持つべき気持ちに近づけるべく、自己評価をでっちあげるかが、個の成長のためにとても大事なことだと思います。

|

« のんびり行こうよ | トップページ | 空腹感を残してはいけない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« のんびり行こうよ | トップページ | 空腹感を残してはいけない »