« 広く読む?浅く読む? | トップページ | 幼稚園最後の運動会 »

2019年11月 2日 (土曜日)

たまには出す場合も考えて

ダイエットを試みる際、どうしても「何を食べるか」というINに注目しがちですが、「どう排出するか」というOUTの面にも注目が必要です。そこで私は朝にヨーグルト、夜に根菜類をしっかり摂り腸内環境の整備に取り組んでいます。
まず気になるのは、ヨーグルトも根菜類も糖質を含む食品であることですが、これは、ご飯などまとまった炭水化物を回避すればそれほど気にすべき量ではないと考えています。ヨーグルトに関しては良質の菌を含むものの、そのほとんどは腸にたどり着く前に死んでしまうという情報もあり、私も過度に期待はせずに気軽に食べています。
これらを食べる効果や因果関係はわかりませんが、最近は排出の方は調子がよく、ここが調子よいと生活のリズムも生まれます。ですので、このOUTの側面に配慮するのは大変よいことだと思います。
そして、この点に関して非常に状態を悪化させるものは、やはり「お酒」です。アルコールが消化されずに腸にまで達した場合は体の調子が本当におかしくなってしまいます。ですので、本当にOUTの側面を考えるのであれば、やはりINの面で体に悪いものを摂らないよう気をつけることが大事なのだと思います。
というわけで結局何を飲食するかに気をつけるべき、という点に回帰するのですが、何を飲食するか考える際にカロリーや脂質の量だけでなく、内臓への負担なども考慮できると、より良い選択ができると思います。

|

« 広く読む?浅く読む? | トップページ | 幼稚園最後の運動会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 広く読む?浅く読む? | トップページ | 幼稚園最後の運動会 »