« What we should do in November | トップページ | 勝ち続ける覚悟 »

2019年11月13日 (水曜日)

売り手市場に乗らずに得せよ

少子化による人材不足が慢性化し、働く意欲さえあれば働き先には困らない世の中になっています。要は売り手市場で、こうなると、より高い給料や、居心地のよい環境を求めがちですが、着眼点はそこではありません。
人材不足から多くの組織が新人を求めているものの、同時に、ほとんどの組織では「使い勝手の良い人材がほしい。使いにくいやつはいらない」という意識も高まっています。ですので、売り手市場で勘違いして高条件の組織に入っても短期間で居場所を失ってしまうことは決して珍しくありません。売り手市場であるのは外部環境であって、個人の強みではありません。自分の強みを生かし、伸ばせるチームへの加入を目指すのが現代的なセオリーになります。
では、どうすればそうしたチームに入れるか。人材不足でもほとんどの組織にいらないといわれる人にはいくつかの特徴があります。周囲のいうことを聞かずに自分ワールドにこもってしまう人、チームメンバーの悪口やからかいを口にする人、大きな成果を求めすぎて基本が全然疎かな人などです。こうしてみると、こうした要素はその人の家庭の状況を想起させます。家族がバラバラで会話がないから皆自分ワールドにこもってチームワークがない。家庭内の会話で当たり前のように悪口やからかいが出る。基本を教えず、目立ったもの勝ち思考で結果だけ求める。といった家庭の様子です。
現代的には、周囲とコミュニケーションがとれ、基本的なことを丁寧にでき、礼儀正しい人が特に求められます。売り手市場だからといって、こうした要素を備えないのに場違いなチームを選んだり、油断して家庭環境を上記のような悪い例にしてしまわないことがとても大事です。

|

« What we should do in November | トップページ | 勝ち続ける覚悟 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« What we should do in November | トップページ | 勝ち続ける覚悟 »