« Do you leave debt or property to your future | トップページ | チームコミュニケーションで共有すべきは? »

2019年10月30日 (水曜日)

提案する条件は

最近は採用活動もお金がかかるもので、紹介業者に紹介料を支払って採用するのが当たり前になっている中小企業も少なくないようです。しかし、そうした採用活動で、組織の中核を担う人材が採れているかというとそうではなく、結局、書類メインで採用したが思うような人材ではなかった、という溝が生じがちのようです。中小企業は大企業よりも採用活動が困難なため、苦肉の策でエージェントに費用を支払っているはずですが、これで成果が出ないのであれば、格差は開く一方です。
ここで、この厳しい人材難の時代に、相手に提案する価値を再考しなければならないと思います。「金を払えば人は来る」というのは一昔前の考えであり、大企業のみつかいこなし得る考え方です。中小企業は、採用活動で差別化するのであれば、「職場の居心地」とか、「丁寧な育成活動」などで差を提案する必要があります。
この方針は、採用担当者だけが認識していればよいものではなく、組織の全員に共感させておかなければ意味がありません。中間管理職は、手間がかからずに結果をしっかり出せる人材だけ評価しがちですし、日常会話の中で仲間の悪口とまではいかなくとも冷やかしの言動が発生するようでは、新たに採用されて人は居心地よくありません。
「使える奴だけ使う。自力でチームに追いつけない奴はいらない」思考では、ほとんどの組織で人材不足に陥り、中間管理職に負担が集中し、組織破たんにつながっていきます。人材難の現代こそ、「居心地がいい」「この組織のメンバーになりたい」という価値を提供することが組織のHR確保と、安定的成長のためのセオリー戦略になると思います。

|

« Do you leave debt or property to your future | トップページ | チームコミュニケーションで共有すべきは? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Do you leave debt or property to your future | トップページ | チームコミュニケーションで共有すべきは? »