« There is no "invalid" effort | トップページ | まっすぐ歩くことを心がけよう »

2019年10月 9日 (水曜日)

「とりあえずやってみる」が使えない場合

人の勉強法にはいくつかパターンがあるといわれます。たとえば新しい機械の使い方を学ぶ際に、機械の構造から勉強する人、取扱い説明書やネット情報などを精査する人、とりあえず使ってみて使いながらコツをつかむ人、などです。3番目の「使いながら学ぶ」人が多いと言われますが、この方法は、難しい理屈を理解する必要がなく、また、一度できたことは身に付きやすいというメリットゆえの選択かと思います。しかしながら、失敗しながらの勉強であるため、高額な機械であれば破損リスクも大きいというデメリットがあります。
「失敗から学ぶ」という言葉もある通り、失敗が許される局面ではどんどん失敗して、自分で教訓を得ることが、周囲の指導者からアドバイスを受けるよりもピンポイントな情報が得られ、成長が早いという面は確かにあるでしょう。勉強でもテストをたくさん受けてひどい点数を何度もとって復習して学習する方が、テキストを丁寧につぶしていくより早いことが多いですし、スポーツ選手でも一定の基礎練習が終われば、練習試合をどんどん入れて、自分ができないことや苦手なことを洗い出していくことが強くなる近道であることが多いです。
とはいえ、これは失敗が許される場面での話。現実社会では、失敗した人間は周囲の信頼を失います。仕事を失敗しながら覚えるような人間は会社に長く居続けられないでしょうし、失敗の多いスポーツ選手は試合出場の機会は閉ざされてしまうでしょう。ですので、いつでも失敗から学べばよいというわけではなく、現代的には、そうした場面は減っているように思います。
機械の使い方は取扱い説明書を熟読して理解する、テスト勉強はテキストの地道な読み込みで対応する、野球のバッティングの練習はまずマシンを確実に打ち込めるレベルに達し、生の球を打つのはそれから、というのではあまり効率はよくなく、敬遠しがちなアプローチですが、失敗できない、周囲の信頼を裏切れない場合はこうするよりほかありません。
失敗から学べるのはごく限られた場面であり、あくまで学習は地道に行わなければならないことは、今後ますますしっかり認識する必要があるのではないかと思います。

|

« There is no "invalid" effort | トップページ | まっすぐ歩くことを心がけよう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« There is no "invalid" effort | トップページ | まっすぐ歩くことを心がけよう »