« Abilty which we do not use will be useless | トップページ | スタートでついた差、質と量どちらが痛い? »

2019年9月11日 (水曜日)

スケジュールはだれが決める?

急な土砂降りが多いこの時期、出発前に雨雲レーダーを見て出発時間を決める人も多いと思います。雨雲レーダーに限らず、今後、電車の遅延状況や道路の混雑状況など様々な情報を可視化するツールが現れ、我々はそれを頼りに時間を大事にしたスケジューリングをするようになると思います。さらにその先に、AIが最適なスケジュールを自動的に組んでくれる日も遠くないでしょう。
その日、時間を定めない外出の予定と、買い物の予定があったとして、これをインプットすると、AIが最も移動時間の少ない時間帯で外出の予定を組み、その経路をふまえ、最も合理的な経路で買い物の予定を組み込んでくれる。ここに、郵便局に行く予定を追加インプットすると、今一度1から再計算して最も合理的なスケジュールを導き出してくれる、こんなソフトがあると非常に便利です。
しかし、こうして1つインプットを増やしたらがらっと内容が変わるAI判定のスケジュールに我々は従うでしょうか。人は気が変わります。外出の途中で予定をいきなり追加したり、予定を忘れたり、外出した後もいろいろ変化はあります。カーナビをセットした後、たびたび経路変更が生じる人は決して少なくないはずで、我々はスケジュールにおいてそうした余裕や遊びを残しておくことも大事です。自分でスケジューリングする場合、おそらく多くの人がこうした時間的余裕を無意識的に残しているのではないでしょうか。
AIが導き出す解はおそらく最善解。しかし、最も満足できるのは自分の考えであるかもしれません。近未来、スケジュールを自動的に導くソフトができたとしても、諸々を考慮して、自分で納得のいくスケジューリングの解を導ける自分でありたいと思います。

|

« Abilty which we do not use will be useless | トップページ | スタートでついた差、質と量どちらが痛い? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Abilty which we do not use will be useless | トップページ | スタートでついた差、質と量どちらが痛い? »