« スタートでついた差、質と量どちらが痛い? | トップページ | 毎日違う運動をしよう »

2019年9月13日 (金曜日)

じっくり取り組むタイミング

初めて取り組むこと、苦手なこと等は、じっくり取り組んで経験を深める必要があります。しかし、仕事でもテストでも、じっくり取り組む時間はその場には用意されないことが多く、限られた時間の中で大慌てでこなさなければなりません。
では、どこでじっくり取り組むのか、休日など時間に余裕があるときしかありません。仕事やテストなどのときは嵐のように過ぎていった課題を、過ぎたものと思ってしまうとその課題をクリアできるレベルに至ることは困難です。時間があるときにしっかり時間をかけて、1つ1つ丁寧に考えながら最後に全体を再現できるレベルまで仕上げなければなりません。
仕事やテストなどでは、限られた時間の中でほどほどの成果をあげることが求められますが、早くほどほどにすることに慣れてしまうと成長はありません。時間に余裕のあるとき、あるいは、積極的に時間を見つけて、自分ができないことにじっくり向き合うことが、個の成長のために不可避だといえるでしょう。

|

« スタートでついた差、質と量どちらが痛い? | トップページ | 毎日違う運動をしよう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スタートでついた差、質と量どちらが痛い? | トップページ | 毎日違う運動をしよう »