« 良質の機会を求めるために、自分を○○してくれる人との付き合いを大事に | トップページ | お酒のあては何にする? »

2019年9月 6日 (金曜日)

人事を尽くして天命を待て

何かの目標に向かって取り組む際、私は、その目標の達成可能性ややりがいなどをふまえて、2つの態度をとります。まず、絶対に達成するロックオンした目標に対しては、相手を知り、戦略を練り、戦略上必要な時間や労力を超えて惜しみなく徹底的に努力します。しかし、そうでない目標に対しては、「結果はどうでもよい」と割り切ってドライに取り組みます。
人はあらゆることに全力は尽くせないので、こうした割り切りは必要です。しかし、私のように、ロックオンしない目標に対してドライでありすぎると、本来得られるはずの幸福が逃げていくのかとも思います。絶対達成したい目標に時間や労力といった資源を集中投下することはよいのですが、これを言い訳に他を手抜きするように周囲に思われるのは決して得策ではありません。
「結果はどうでもよい」と割り切る目標があるのは仕方がありません。しかし、その目標へのアプローチは決して疎かになってはいけません。結果がどうでもよく、かつ、他に時間や労力を割いて満身創痍でも、目指すからには残された資源で精いっぱいその目標達成を目指さなければいけません。これが「人事を尽くす」です。ここに至れば結果を待つ瞬間は怖くありません。今の瞬間は全力を尽くした結果だからであり、結果が出なくてもその原因は少なくとも今にはないからです。
私はここに努力の鍵があると思います。自分がロックオンした目標には誰もが精いっぱい頑張れます。そうではなく、自分が重視しない目標に対して、限られた資源は割り振らないとしても、その中で精いっぱい頑張ることが大事です。そうすれば、結果が伴わなくとも納得できますし、次のステップに前向きに進めます。
人は自分が達成したい目標に資源投入を惜しみませんが、その反面で、そうでない目標に対してドライでありがちです。そうではなく、副次的な目標であっても、限られた資源の範囲内で精いっぱい頑張ることが次のステージでの個の成長につながる重要なポイントなのかと思います。

|

« 良質の機会を求めるために、自分を○○してくれる人との付き合いを大事に | トップページ | お酒のあては何にする? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 良質の機会を求めるために、自分を○○してくれる人との付き合いを大事に | トップページ | お酒のあては何にする? »