« It is not a fear to wait a result when we do our best | トップページ | それは現状維持の一手? »

2019年9月18日 (水曜日)

基本作業の徹底

「挨拶はしっかりしろ」と指導する組織は多いです。これにはいろんな意味がありますが、今日注目したいのは、「当然のルールをしっかり順守する」ことの大事さ。
私がここで、特に、「逆転の一手」でクローズアップすることが多いことの1つに、業界のトップランナーと、優秀な凡人の違いがあります。その違いは、前者はロックオンした目標の達成に貪欲であるのに対し、後者はこれまでに一定の成果をあげたことに驕り、基本をおろそかにしがちである点です。一流であり続けるためには、まずはだれもができる基本的事項でつまずかないことが必須で、自ら「俺は特別」と、ルールを逸脱するのは論外です。しかし、優秀なのに出世しきれない人間は、どこかに自分に驕りがあり、基本を無視しているからであることが多いです。
同様に、組織が一流であり続けるためには、各構成員が基本を忠実に順守することが不可避です。イージーミスが1件でも発生すると、これを見た相手はその組織に対する信用をなくしてしまうからです。
しかし、現実にはこの点は複雑です。世間的に一流企業と思われている企業が開いた口がふさがらないようなイージーミスを連発することもよくありますし、逆に無名の零細企業がとてつもない高い正確性を備えた対応をすることも何度も目にしてきました。
基本的な作業をミスすると、大多数の人はその相手は無能だと思います。これまで積み重ねてきたものの多い企業や個人ほどそのマイナス影響は大きくなります。そのため、「凡事徹底」当たり前のことを当たり前に正確にこなすことを徹底する組織が増えているのには納得がいきます。
地位が上がるから当たり前のことを楽して良い、というのは二流の考え。地位があがったり、成果を積み重ねれば積み重ねるほど、基本的な言動に注意を払い、ミスのない対応を強く意識すべきで、この点も現代的な重要性が増しているところかと思います。

|

« It is not a fear to wait a result when we do our best | トップページ | それは現状維持の一手? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« It is not a fear to wait a result when we do our best | トップページ | それは現状維持の一手? »