« スケジュールはだれが決める? | トップページ | じっくり取り組むタイミング »

2019年9月12日 (木曜日)

スタートでついた差、質と量どちらが痛い?

逆転を試みる場面は、スタートでついた差を追いかける展開が多いと思います。このスタートでついた差には質的な差と量的な差があります。たとえば、100メートル走でスタートのタイミングのコンマ数秒の差でつく数メートルの差は量的な差です。これに対し、就職活動などの面接の最初の挨拶で失敗し、初対面で悪印象をもたれるようなケースが質的な差です。
この2つの差、どちらがより痛いかを検討すると、結構な人が量的な差を選びます。量的な差があることは相手を相当上回る努力が必要であり、相手の頑張り次第ではもう逆転の目はないかもしれないというのが主な理由です。
しかし、私は逆で、量的な差は努力次第で、すなわち最終的には根性論で克服可能な差ですが、質的な差こそ、逆転の目がないケースが多いのではないかと思います。たとえば「無意識のバイアス」と呼ばれる、評価者が意識せずに優劣をつける場面では、いくら努力して良い成果をあげても、当初の結論が覆らないことはままあり、こうしたケースこそ逆転の手段がない、あるいは見当たらないことが多いでしょう。
人の評価というのは主観的で、特にこうした無意識的な部分で結論づけられてしまうおそれが高いです。そのため、人に気に入られる必要のある、就職・恋愛・契約締結などの場面ではとにかく第一印象を良くしてスタートダッシュで質的な差を奪ってしまうことが大事です。
こうしてみると、勝負事は、序盤は印象といったカタチから入り、物理的な数値の部分は後から努力で積み上げるのがセオリーといえそうです。逆転の目が早々になくなるという事態はできる限り避けたく、そのために、この2つのメリハリがとても重要なのだと思います。

|

« スケジュールはだれが決める? | トップページ | じっくり取り組むタイミング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スケジュールはだれが決める? | トップページ | じっくり取り組むタイミング »