« 自分をさらけ出すとき、さらけ出すべきでないとき | トップページ | 人事を尽くして天命を待て »

2019年9月 5日 (木曜日)

良質の機会を求めるために、自分を○○してくれる人との付き合いを大事に

逆転を果たすためには質の良い成長の機会が必要です。この機会を自分自身で創出できるのなら、自分の頑張り次第で逆転ができるということで、簡単です。しかし、多くの場合、この機会を得るのが他力本願であるため、逆転も他力本願であることが多いのかと思います。では、逆転のためにどのような取り組みをすればよいでしょうか。
昨日も話題にしましたが、人間関係つきあいが大事です。しかし、あらゆる人とのつきあいに全力を尽くすことは困難ですし、仮にできたとしても、相手の信頼はなかなか得にくいのかと思います。そこで、つきあいを絞る必要がありますが、その際の1つの観点が、「自分を評価してくれる」かどうかです。
自分を評価してくれる人と仲良くなれば、様々な機会をもらえます。そして、評価されているのですから、難しい機会を与えてくれる可能性は比較的高く、良質の機会を得ることが可能です。逆に、自分をあまり評価されていない人と飲みに行ったとしても、笑いの種にされたり、会話に置いてけぼりにされたりして正直楽しくないですし、自分を過小評価しているのですから、たいした機会はもらえません。
というわけで、飲み会などに誘われた際は、相手が自分のことをどう見ており、その人との仲を深めることでどのような機会が得られるかをしっかり考え、あまり評価されていない人からの誘いはうまく断り、評価してくれる人には積極的につきあいの場を提案するなど、メリハリが大事です。
逆転を目指す状況というのは周囲からの評価も高くない状態かもしれません。そのような中、闇雲に周囲に機会を求めるのではなく、多くはなくても必ずいるはずの、自分を評価してくれる人との接点を積極的に増やしていくことが大事なのかと思います。

|

« 自分をさらけ出すとき、さらけ出すべきでないとき | トップページ | 人事を尽くして天命を待て »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自分をさらけ出すとき、さらけ出すべきでないとき | トップページ | 人事を尽くして天命を待て »