« 追いつめられている時間 | トップページ | 低調味料ダイエット・夏バージョン »

2019年8月 9日 (金曜日)

時間を限ってやってみる

難しい仕事をする際には、タイムマネジメントを駆使して、これをじっくりこなせるよう十分な時間を確保します。時間に追われて余計なミスをしてしまうのを回避し、調べものなど、丁寧な仕事を完遂するための時間を確保するのです。
しかし、個の成長の観点から考えると、あえて、「時間を限って」やってみることも時に有効です。もちろん、ただ仕事を早くするだけなら簡単ですが、「正確な仕事を」早くするのは相当な難題で、十分な時間がある場合に比べて相当高いハードルになります。たとえば、わからない、あるいは知識があいまいな場合、仕事ではネットなどで正確な情報を確認して進めるのがセオリーです。しかし、時間が限られていると、それをする時間がなく、正確な知識の重要性を痛感することができます。また、時間が限られていると作業効率を考えて作業を進めざるをえません。その過程で、自分が自然とやってしまうやり方の無駄に気づいたり、より効率の高い手法に気付くこともできるでしょう。
このように、時間を限って物事に取り組むことで、自分の甘い部分がはっきり認識できて、その先、この課題を解決する努力をする動機づけにつなげることが大きな成果となります。十分な時間を確保して丁寧な仕事を遂行する意識は不可欠ですが、もう1歩進んで、より早くより正確にするために何が必要かしっかり考えてみることが、より高みを目指すためにとても貴重な機会となるでしょう。

|

« 追いつめられている時間 | トップページ | 低調味料ダイエット・夏バージョン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 追いつめられている時間 | トップページ | 低調味料ダイエット・夏バージョン »