« バックアップメンバーを育てる | トップページ | 正常に判断できる時に全部決めてしまう »

2019年8月 2日 (金曜日)

100点を目指すのではなくて・・

個の成長は、努力自体は自分の世界で集中してやるものですが、成長のための機会をもらえるかどうかで効率が全然異なります。今日はその成長のための機会を得るにはどうすればよいかをまとめます。
成長の機会を得るには良い成果をあげて周囲に認められることが大事です。とはいえ、必ずしも背伸びして100点満点を目指す必要はありません。背伸びして100点満点の成果をあげると、次のチャンスはもらえると思いますが、その次のチャンスで良い成果をあげられないとその相手とは縁がなくなってしまうおそれがあります。
成長のための機会をもらうには、「たまにすごく良い仕事をする」よりも、「安定して納得のいく仕事をしてくれる」と思われる方が可能性が高いです。ですので、100点満点を目指すのではなく、自分の実力が80点相当であれば、安定して80点の成果をあげうように心がけるべきです。そのためには、100%できることは100%クリアする、できないことは潔く周囲にやり方を聞くか任せる、その中間の仕事を一生懸命粘って頑張ってできる限り良い成果をあげる、このメリハリを通じて、自分が少し力が足りない分野での経験を積みながら、周囲の信頼も得ることが大事です。
どうしても周囲の信頼を得ようとすると方に力が入って力みがちになりますが、「自分の力はこんなもん」と考えるレベルの少し上の水準を地道に目指していくことが、成長の機会を周囲からもらい、効率よく成長するための実は近道になります。

|

« バックアップメンバーを育てる | トップページ | 正常に判断できる時に全部決めてしまう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« バックアップメンバーを育てる | トップページ | 正常に判断できる時に全部決めてしまう »