« アバウトな旅行 | トップページ | 電車王国へ! »

2019年8月24日 (土曜日)

語彙力を伸ばそう

フランスに旅行に行く人は多いですが、入った飲食店でメニューが読めず、かろうじて読めるビーフやエスカルゴばっかり毎日食べる、という人は多いと聞きます。食事は旅行の楽しみの1つですし、これで失敗するととてもへこむため、リスク管理のためにも、同じものばかり頼むことが増えます。
日本であれば店員にどのようなものか聞けますが、海外では質問によりメニューの内容を理解するのは困難です。あくまでメニューから内容を推し量るしかありません。
そこで、語彙力が大事になります。単語がわかればそのイメージを積み重ねていったものが目的物です。日本語のようなコネコネした言語でなければ、単語のイメージでコミュニケーションがとれる仕組みになっていますので、どれだけ単語を知っているかが、海外でコミュニケーションをとるカギになります。
普通に勉強として机に向かう勉強ではモチベーションのあがらない人も、海外旅行時の食事の充実に直結するというのであれば頑張って単語を覚えるのではないでしょうか。その通り、海外旅行時には、単語をどれだけ知ってるかが旅の充実に直結しますし、それは単語帳を参照しながらではほとんど意味がありません。
努力には相応のモチベーションが不可欠です。単語を覚えるのはつらい作業ですが、その国でおいしいものが食べられる、というリターンが確定しているのであれば、頑張ってみる気も起きるのではないかと思います。

|

« アバウトな旅行 | トップページ | 電車王国へ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アバウトな旅行 | トップページ | 電車王国へ! »