« 「休み」も仕事の一部 | トップページ | 「旅をさせろ」とは? »

2019年7月 4日 (木曜日)

コツをつかむコツ

逆転の一手は言わば一種のコツみたいなもので、いかにうまくそれをとらえるかがカギになります。
要は要領のいい人間が得をする領域なのですが、コツをつかむにも一種のコツが必要で、コツをつかむコツをつかむコツ...が大事になります。
逆転の一手にセオリーはないのですが、総じてみると似通った戦略はしばしばあり、よそでの経験がそのまま新しい現場で使えるということは珍しくありません。
これは、逆転のシナリオは実は新しいように見えても既にあるものと対して変わらず新規性・進歩性がないことを意味するかもしれません。
そうであればなおさら、自分の今の目の前の課題を解決するために最近の対策例を学ぶ必要があるでしょう。逆転の一手は全く新しいものを生み出すよりは、従前の事例から演繹的に導き出すものなのかもしれません。
逆転のコツを知るために逆転事例を研究する。しばしば無意味と指摘される方法論ですが、実は一番理に適っている可能性も大いにあると考えられます。

|

« 「休み」も仕事の一部 | トップページ | 「旅をさせろ」とは? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「休み」も仕事の一部 | トップページ | 「旅をさせろ」とは? »