« Do till we can acieve it first time | トップページ | 補助者はあくまで補助者 »

2019年6月12日 (水曜日)

物知りに頼らない

チームで仕事をする際に、知識の多い人がいると助かります。何かわからないことがあったとき、調べずにちょっと聞くだけで答えてくれるからです。おそらく顧問弁護士や顧問税理士はこうした便利さ・聞きやすさが非常に重要なサービスポイントになるのでしょう。
しかし、これは時間が惜しく早く物事を進める必要性がある場合の話。長期的に成長するためには、地道に調べて考えていく作業が不可避です。たとえば、子どもが英語や国語を学ぶ際、地道に辞書をひく作業が大変です。しかし、特に英語は、何度も何度も辞書をひくことで体で単語を覚えたり、単語の意味以外の知識を合わせて得たりすることで、総合的な英語力を身につけていきます。これと同じで、仕事でも、趣味でも、1つ1つ調べて、考えて進んでいくことは遅いですが、着実な進歩になる反面、ぱっと誰かに聞いてすぐに得た情報は、頭に残りにくいです。
というわけで、物知りは、本当に時間のない時にだけ頼り、そうでない時間帯は自分で調べて進める、この意識がとても大事です。人に限らず、IoTの便利な道具は次々と現れてくるでしょうが、これらは時短のツールとしてとらえ、日常的な依存度は高めないことが、自らの成長の機会を確保し、成功につなげる、実は「急がば回れ」の現代的戦略だと言えそうです。

|

« Do till we can acieve it first time | トップページ | 補助者はあくまで補助者 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Do till we can acieve it first time | トップページ | 補助者はあくまで補助者 »