« 120cmを超えたので② | トップページ | Do not stay long at your visit to office »

2019年6月17日 (月曜日)

夕食の時間的価値

仕事で遅くなっても家で自炊したり、惣菜を買って家で食べる人は多いです。そうする理由は、①野菜摂取などの栄養バランス②予算の都合、かと思います。ダイエットや健康の観点から見ると、まずは何を食べるか、野菜を中心にバランスの良い食生活が大事ですので、これは一面正解です。しかし、夕食は何を食べるかに続いて、いつ食べるかも非常に重要な要素です。いくら健康的な食事でも寝る直前に食べては体によくありません。
ここで、最初に出てきた予算上の問題。外食はもちろん、自宅での食事よりも割高です。しかし、電車に揺られて帰るシチュエーションであれば、帰ってから食事をして寝るよりも、電車に乗る前に食事をしてから帰ると、食事から就寝までの時間が稼げ、入浴や睡眠を妨げることがありません。私は夜遅くまで会議などがある日は、夕方に出前やお弁当を食べて、帰宅後は水だけにすることが多いです。これも、多少割高でも早めに食べてしまうことで、就寝の方を守ろうとしてのことです。
このように、夕食は早く食べられるなら早く食べた方が体に良い影響があり、価値があります。金銭債権について、時間的価値を計算することは会計人には常識ですが、夕食も、早く食べた方が価値があり、遅くなればなるほど価値が毀損する、という理屈も十分成り立ちそうです。ですので、額面通りで得か損か判断するのではなく、時間的価値を考えていつどのような夕食を食べるか考えることが、健康を守るうえでのひと工夫となります。

|

« 120cmを超えたので② | トップページ | Do not stay long at your visit to office »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 120cmを超えたので② | トップページ | Do not stay long at your visit to office »