« 物知りに頼らない | トップページ | 持続可能の条件 »

2019年6月13日 (木曜日)

補助者はあくまで補助者

法律事務所でも会計事務所でも資格を持たない補助者が活動する仕事があります。法律事務所の場合、弁護士名義で作成する書類の定型的な部分を作成する完全な無資格者が、会計事務所の場合、会計士試験は合格したものの、まだ登録要件を満たしていない若手がこれに該当することが多いです。こうした補助者は当然のことながら無資格者なので、自分の名前で仕事をして対価をもらうことはできません。しかし、その中には正式に登録された資格者よりもうまく仕事をこなす人はそれなりにいます。では、こうした有能な無資格者をどんどん登用していってよいでしょうか。
事務所としては業務効率が上がりますし、お客としても対価が安くなるというのであれば、誰も反対しない構造になりがちです。しかし、資格というのは能力面・倫理面における公的な要件を満たして初めて付与されるもので、仕事さえできれば誰がやって良いというものではありません。事務所としては補助者の関与する分野と割合をきちんと管理しなければいけませんし、仕事のできる補助者は、その仕事で食べていくなら一刻も早く資格を取得するよう努めなければいけません。本当に仕事ができるなら資格を取得するのはそう困難なことではないでしょうし、これを「形式的な手続」と思うのであれば、倫理的に資格者としての資質にかけています。
と、ここまで資格を例にあげて書いてきたのですが、今日の本題は無資格者の話ではなく、ある活動が運動としてできる・できないがあるとしても、本当にその活動でうまくなって社会に貢献したいというのであれば、社会に信頼されるために必要な要件があり、心の持ちようがあるはずです。それを無視してただひたすら結果に走る人間は、たとえ一時リードされていても必ず逆転できます。その相手は、その業界のトップランナーの補助者的な位置づけから殻を破ることができないからです。
本当にうまくなりたい、逆転したいと思う分野では、必ず満たすべき要件や心のあり方があるはずで、これを形式的なものと思わず、丁寧に積み重ねることが、実はうまくなる最短経路であり、逆転の路であることが多いのではないかと思います。

|

« 物知りに頼らない | トップページ | 持続可能の条件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 物知りに頼らない | トップページ | 持続可能の条件 »