« 補助者はあくまで補助者 | トップページ | 2軒目を断る勇気 »

2019年6月14日 (金曜日)

持続可能の条件

プロスポーツ選手は当然、運動ばかりしているわけではありません。運動できる、すなわち体が動く時間は限られており、トレーナーのもとでこの体が動く時間を最大限に活用するトレーニングプログラムを作成します。
体を動かさない勉強はというと、東大を目指すために「1日朝から晩まで勉強した」という人は時々います。しかし、勉強は体を動かさない代わりに頭を動かし、頭のスタミナの問題はどうしても生じます。また、集中力も大事で、人間が丸一日集中力が続くわけがありません。ですので運動同様、計画的に効率的なプログラムを組み立てる必要があります。勉強に似たデスクワークにも同じことが言えるでしょう。
要は何をするにも、気が向いた時に努力すればよいわけではなく、我武者羅に時間を投資すればよいわけでもなく、持続可能な最大効率のやり方をみつけることが大事です。持続可能であるかはその日の体調や、疲れの残り具合にもよるでしょう。ですので、時には疲れを理由に努力量を減らすことも大事でしょうし、しかし、それが目の前の辛いことから逃げるものであってもいけません。
将来的には自分の体力や疲れなどを数値化して、最善のトレーニングプログラムを出してくれるソフトなども開発されるのかもしれませんが、今はこの退き時は自ら見極める必要があります。原則、根性論で頑張る、という選択で良いと思いますが、今日は無理にできても、明日明後日続かない、というようなときは早めに切り上げて回復に努めることも大事な判断になります。

|

« 補助者はあくまで補助者 | トップページ | 2軒目を断る勇気 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 補助者はあくまで補助者 | トップページ | 2軒目を断る勇気 »